鎌倉版 掲載号:2017年5月19日号 エリアトップへ

「市民の手で花火大会を」 店舗等に募金箱設置

社会

掲載号:2017年5月19日号

  • LINE
  • hatena
募金箱を手にするコバカバ店主の内堀敬介さん
募金箱を手にするコバカバ店主の内堀敬介さん

 いったんは中止が発表された第69回鎌倉花火大会を、市民有志が中心となって実施しようという「鎌倉を愛する者がつくる花火大会実行委員会」がこのほど発足した。同実行委では当初の予定通り、7月19日での大会開催を目指して準備を進めている。クラウドファンディングによる資金募集のほか、趣旨に賛同した店舗などに募金箱を置いて寄付を募る「市民玉プロジェクト」もスタートした。

 市民有志による実行委員会は4月28日、第1回の会合を開き、大会会長に久保田陽彦氏、実行委員長に柳澤大輔氏が就任した。

 大会の規模は昨年同様を予定しており、今後約3900万円を集める必要があるという。

 企業・団体から協賛金を募っていくのに加え、クラウドファンディングサイト「iikuni」(【URL】http://iikuni-kamakura.jp/pj/IknV7951569)でも資金募集が始まっている。期間は5月末までで、目標額は1千万円。17日現在で700万円を超えている。

市民玉プロジェクト開始

 また同実行委では、市内店舗などに募金箱を置いて資金を募る「市民玉プロジェクト」をスタートさせた。17日現在、市内を中心として40カ所以上に募金箱が設置されている(下表に一部記載)。

 プロジェクトを進める林正嗣さんは「これまで花火大会を楽しむことができたのは、運営の中心となってきた市観光協会が企業などから協賛を募ってくれたおかげ。今年は市民自身の手で大会を実施するために、ぜひ募金に協力してもらえれば」と話す。

パンフデザイン募集

 鎌倉市は、花火大会のパンフレット表紙に掲載する絵・デザインを市内在住・在学の小・中学生から募集している。

 鎌倉花火大会をモチーフに、A4サイズか四つ切画用紙を使用したタテ書きの作品を、6月8日(木)までに鎌倉市市民活動部観光商工課(26番窓口)に直接提出するか、同課へ郵送(〒248―8686御成町18の10)する。

 大会の詳細や募金、パンフレットデザインについての問い合わせは市観光商工課【電話】0467・61・3884へ。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6

3カ月半の休止越え待望の定演

鎌倉交響楽団

3カ月半の休止越え待望の定演 文化

10月31日、芸術館大ホールで

10月23日号

目標はマスク寄付

目標はマスク寄付 社会

みらいふる鎌倉が講習会

10月23日号

新ピンクリボン号出発

健康チェックしませんか?

写真に感謝の供養祭

写真に感謝の供養祭 文化

11月14日、浄智寺で

10月23日号

早稲田氏が国政報告会

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク