鎌倉版 掲載号:2017年10月27日号 エリアトップへ

(PR)

健康管理に必要な生活習慣コラム【2】 ピロリ菌除菌後も内視鏡検査を 取材協力/柳川クリニック 柳川健院長

掲載号:2017年10月27日号

  • LINE
  • hatena
柳川 健 院長
柳川 健 院長

 Q・43歳女性です。胃にピロリ菌が見つかったので先日、除菌療法を受けてきました。担当の先生からは、「無事に除菌できました」と伺いました。その際、「胃からピロリ菌がなくなったので、今後は胃の内視鏡検査は受けなくても大丈夫です」と言われました。本当でしょうか?

 A・ピロリ菌の除菌療法を行ったからといって、胃の病気にならないとは言えません。したがって、定期的な胃の内視鏡検査をお受けになることをお勧めいたします。

 ピロリ菌は通常、6歳未満の幼少期に、ピロリ菌に汚染された水の摂取や両親等からの口移しによる摂食によって感染します。感染してしまうと、成人になり慢性胃炎が持続することにより、ピロリ菌を保有していない人に比べて、胃癌になる確率が高くなってしまいます。

 ここで注意して頂きたいのは、ピロリ菌に感染していても多くの人は一生胃癌になることはない、ということです。ただしピロリ菌に感染していない人に比べて、胃癌になる確率は高くります。

 逆に、ピロリ菌を保有していなくても胃癌になる人は一定数いますので、胃の中にピロリ菌がずっといない人でも、胃の定期的な内視鏡検査は必要になってきます。

 今回のご質問のように、「ピロリ菌を除菌したら、もう胃癌や胃潰瘍にはならない」と勘違いされている方がいますが、ご注意ください。

 現在のところ、ピロリ菌の除菌療法を終えた後、5年以上が経過すると、徐々に胃癌の発症率が下がってくる、と広く考えられています。

 ピロリ菌感染や、胃癌のことで心配なことがある方は、お近くの専門医にご相談ください。

医療法人社団健生会 柳川クリニック

〒248-0035鎌倉市西鎌倉1-18-3

TEL:0467-33-0857

http://www.kens-clinic.jp/kamakura/

鎌倉版のピックアップ(PR)最新6

通信教育で社会福祉士に

注目の「給付金制度」で国家資格取得 4月入学受講生募集

通信教育で社会福祉士に

茅ヶ崎リハビリテーション専門学校

1月8日号

「個別見学・相談を承ります」

介護付有料老人ホーム「チャームプレミア鎌倉山」 1日2組限定事前予約制

「個別見学・相談を承ります」

1月16日(土)・24日(日)

1月8日号

美術品・骨董品を高価買取り

1月15日・16日・31日・2月1日 鎌倉芸術館「お宝無料鑑定会」開催 予約優先

美術品・骨董品を高価買取り

生前整理・遺品整理の相談だけでもOK

1月8日号

クラシック音楽に恋して

連載シリーズ第2回

クラシック音楽に恋して

マリア・カラスの魔力

1月1日号

新年行事・護摩祈願のご案内

青蓮寺

新年行事・護摩祈願のご案内

「お大師様」出張のためご開帳は中止

1月1日号

家族でゆったり、温かい葬儀

相談無料

家族でゆったり、温かい葬儀

生花祭壇で華やかに

12月25日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク