鎌倉版 掲載号:2017年10月27日号 エリアトップへ

(PR)

健康管理に必要な生活習慣コラム【2】 ピロリ菌除菌後も内視鏡検査を 取材協力/柳川クリニック 柳川健院長

掲載号:2017年10月27日号

  • LINE
  • hatena
柳川 健 院長
柳川 健 院長

 Q・43歳女性です。胃にピロリ菌が見つかったので先日、除菌療法を受けてきました。担当の先生からは、「無事に除菌できました」と伺いました。その際、「胃からピロリ菌がなくなったので、今後は胃の内視鏡検査は受けなくても大丈夫です」と言われました。本当でしょうか?

 A・ピロリ菌の除菌療法を行ったからといって、胃の病気にならないとは言えません。したがって、定期的な胃の内視鏡検査をお受けになることをお勧めいたします。

 ピロリ菌は通常、6歳未満の幼少期に、ピロリ菌に汚染された水の摂取や両親等からの口移しによる摂食によって感染します。感染してしまうと、成人になり慢性胃炎が持続することにより、ピロリ菌を保有していない人に比べて、胃癌になる確率が高くなってしまいます。

 ここで注意して頂きたいのは、ピロリ菌に感染していても多くの人は一生胃癌になることはない、ということです。ただしピロリ菌に感染していない人に比べて、胃癌になる確率は高くります。

 逆に、ピロリ菌を保有していなくても胃癌になる人は一定数いますので、胃の中にピロリ菌がずっといない人でも、胃の定期的な内視鏡検査は必要になってきます。

 今回のご質問のように、「ピロリ菌を除菌したら、もう胃癌や胃潰瘍にはならない」と勘違いされている方がいますが、ご注意ください。

 現在のところ、ピロリ菌の除菌療法を終えた後、5年以上が経過すると、徐々に胃癌の発症率が下がってくる、と広く考えられています。

 ピロリ菌感染や、胃癌のことで心配なことがある方は、お近くの専門医にご相談ください。

医療法人社団健生会 柳川クリニック

〒248-0035鎌倉市西鎌倉1-18-3

TEL:0467-33-0857

http://www.kens-clinic.jp/kamakura/

鎌倉版のピックアップ(PR)最新6

定期預金に年利0・2%上乗せ

定期預金に年利0・2%上乗せ

スルガ銀行で特別金利キャンペーン

11月15日号

膝・腰・背骨の痛み”仙骨”かも!?

膝・腰・背骨の痛み”仙骨”かも!?

「たった3分の施術だからこそメリットがある」

11月15日号

まるでホテルのような快適さいつまでも自由に楽しく暮らしたい人へ

一人じゃない安心感

まるでホテルのような快適さいつまでも自由に楽しく暮らしたい人へ

11月26日 送迎付き見学会/12月8日 コンサート付き見学会(それぞれ体験昼食付)

11月8日号

専門家が一堂に集う無料相談会

弁護士・税理士・司法書士

専門家が一堂に集う無料相談会

11月23日 鎌倉芸術館(要予約)

11月8日号

TOKYOの魅力再発見の旅

新国立競技場から巡る

TOKYOの魅力再発見の旅

旅人の地元発着バスツアー

11月8日号

「中国美術無料鑑定会」を開催

要予約 問い合わせ多数 11月16日 相続相談会同時開催

「中国美術無料鑑定会」を開催

生前整理・遺品整理の相談だけでもОK

11月1日号

リフォームで我が家の「長寿命化」を実現

小袋谷

リフォームで我が家の「長寿命化」を実現

地域密着の信頼の高さが魅力

10月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

作家に学ぶ押し花アート

作家に学ぶ押し花アート

20人に無料で講習

11月26日~11月26日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク