鎌倉版 掲載号:2017年10月27日号 エリアトップへ

(PR)

健康管理に必要な生活習慣コラム【2】 ピロリ菌除菌後も内視鏡検査を 取材協力/柳川クリニック 柳川健院長

掲載号:2017年10月27日号

  • LINE
  • hatena
柳川 健 院長
柳川 健 院長

 Q・43歳女性です。胃にピロリ菌が見つかったので先日、除菌療法を受けてきました。担当の先生からは、「無事に除菌できました」と伺いました。その際、「胃からピロリ菌がなくなったので、今後は胃の内視鏡検査は受けなくても大丈夫です」と言われました。本当でしょうか?

 A・ピロリ菌の除菌療法を行ったからといって、胃の病気にならないとは言えません。したがって、定期的な胃の内視鏡検査をお受けになることをお勧めいたします。

 ピロリ菌は通常、6歳未満の幼少期に、ピロリ菌に汚染された水の摂取や両親等からの口移しによる摂食によって感染します。感染してしまうと、成人になり慢性胃炎が持続することにより、ピロリ菌を保有していない人に比べて、胃癌になる確率が高くなってしまいます。

 ここで注意して頂きたいのは、ピロリ菌に感染していても多くの人は一生胃癌になることはない、ということです。ただしピロリ菌に感染していない人に比べて、胃癌になる確率は高くります。

 逆に、ピロリ菌を保有していなくても胃癌になる人は一定数いますので、胃の中にピロリ菌がずっといない人でも、胃の定期的な内視鏡検査は必要になってきます。

 今回のご質問のように、「ピロリ菌を除菌したら、もう胃癌や胃潰瘍にはならない」と勘違いされている方がいますが、ご注意ください。

 現在のところ、ピロリ菌の除菌療法を終えた後、5年以上が経過すると、徐々に胃癌の発症率が下がってくる、と広く考えられています。

 ピロリ菌感染や、胃癌のことで心配なことがある方は、お近くの専門医にご相談ください。

医療法人社団健生会 柳川クリニック

〒248-0035鎌倉市西鎌倉1-18-3

TEL:0467-33-0857

http://www.kens-clinic.jp/kamakura/

鎌倉版のピックアップ(PR)最新6

カーボンニュートラルへ再エネ活用

CO2削減目標を上方修正

カーボンニュートラルへ再エネ活用

横浜銀行

6月11日号

瑞光殿(ずいこうでん)で「故人らしい」葬儀を

相談無料

瑞光殿(ずいこうでん)で「故人らしい」葬儀を

適正価格で安心・納得

6月4日号

キレイが長持ちする髪に

キレイが長持ちする髪に

植物成分の白髪染めも

6月4日号

「糖尿病」検査で早期発見

神歯大附属病院

「糖尿病」検査で早期発見

血糖値・HbA1c測定会

5月28日号

屋根等の修理が無料

自然災害対象の火災保険適用工事で 3つの特別情報

屋根等の修理が無料

「あぶない!」雨漏りは白アリ・漏電火災の原因に

5月7日号

駅徒歩3分の好立地

東戸塚西口

駅徒歩3分の好立地

ケアハウスゆうあい

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

  • 5月21日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter