鎌倉版 掲載号:2020年12月4日号 エリアトップへ

「湘南ライナー」来春廃止

経済

掲載号:2020年12月4日号

  • LINE
  • hatena
185系による湘南ライナー(JR東日本提供)
185系による湘南ライナー(JR東日本提供)

 JR東日本は11月12日、来春のダイヤ改正に合わせ、東海道線で新たに新宿・東京―小田原間を走る特急「湘南」の運行を開始すると発表した。これに伴い、座席定員制で通勤客らから人気の「湘南ライナー」など3つの通勤ライナーは廃止になる。

 湘南ライナーは国鉄時代の1986年に通勤ライナーとして運行開始。平日限定で朝に上り6本、夜に下り9本が走っている。横浜・川崎両駅には止まらず、乗車券と均一料金のライナー券(520円)で利用できるとあって通勤客から広く人気を集めた。

 新たに運行される特急「湘南」の利用には乗車券と特急券が必要。東京―大船間の乗車券は814円(IC乗車券の場合)、同区間の新たな特急券は、事前購入の場合760円、車内購入の場合1020円となる。車両は首都圏と伊豆方面を結ぶ特急「踊り子」のE257系リニューアル車両と統一。バリアフリー設備を完備し、各座席の窓側にコンセント1口を設置する。運行本数や停車駅については今後発表するという。

 湘南ライナーを長く利用した30代女性は「通勤ラッシュ時でもワンコインで座れるのが魅力だった。(新料金は)自己負担だとちょっと厳しいかもしれない」と話した。

 ダイヤ改正では湘南ライナーのほか「おはようライナー新宿」「ホームライナー小田原」も廃止になる。

鎌倉版のローカルニュース最新6

鎌倉市公式企業・求人情報発信サイトがリニューアル

【Web限定記事】鎌倉の企業や求職者のマッチングを支援

鎌倉市公式企業・求人情報発信サイトがリニューアル 社会

企業インタビューも新設

1月22日号

葛飾北斎らの「肉筆浮世絵」が一堂に

【Web限定記事】

葛飾北斎らの「肉筆浮世絵」が一堂に 文化

2月14日まで鎌倉国宝館で特別展開催中

1月22日号

ニューイヤー演奏会延期に

「花は咲く」の合唱動画募集

バレエ映画上映・展示

累計で338人に急増

新型コロナ市内染者

累計で338人に急増 社会

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク