茅ヶ崎版 掲載号:2018年4月27日号 エリアトップへ

(PR)

仏教からきた言葉?

掲載号:2018年4月27日号

  • LINE
  • hatena
葬儀の無料事前相談随時受付中です
葬儀の無料事前相談随時受付中です

 記者―今日は、普段使っている言葉の中に仏教からの由来の言葉が沢山あるという話をメモリアルホール「美空」を運営する(株)平和堂典礼の代表とした。

 代表―仏教由来の言葉は意外と多いですよ。何年か前には挨拶・億劫・出世・愚痴・金輪際などが仏教からきた言葉だとお話しましたが、まだまだあります。

 例えば北朝鮮のミサイルは「本当に迷惑な話で安心できません」。迷惑といえば道理に悩んだり心に迷いを生じる事。安心はあんじんと読み、仏の教えから平安を得ることで、供に仏教用語です。成功をすれば有頂天、失敗すればチクショー。ともに仏教用語で有頂天は最も高い天の名称で、畜生は地獄・餓鬼と供に三悪道の一つです。

 また、最近では「愛」というと「恋愛・好きになる」など、人を思いやる事や親切にする事などで使われていますが、仏教では「異性・お金・名声」などに対する執着心の事を指します。欲望や煩悩の一つなのですね。その為か、仏教では「法句経」に「愛より憂いが生じ、愛より恐れが生ず 愛を離れたる人に憂いなし なんぞ恐れあらんや」と書かれています。現在でいう執着心でしょうか?仏教では「愛」を自分の中から追い払うような表現になっています。よくよく考えてみると現代の「愛」は仏教の「慈悲」と意味が近いようにも思えます。しかし、遠い昔のキリスト教の宣教師は「愛」を説いたわけですから、すごいことですね。最後に「醍醐味」は最高の美味を意味する仏教用語なのですが、発酵食品の「乳・酪・生酥・熟酥・醍醐」の五味の中で最上等の味でもあるのです。仏教の大乗経典「大般涅槃経」にも五味相生の譬として書いてあります(漢字だらけで接続詞が無い為読みづらいのですが、意味は発酵食品のように原料があるから発酵の段階があり、仏教にも元があり、段階があって最上等の醍醐が大般涅槃経となると理解できます)。ちなみに、醍醐の手前の熟酥を梵語でサルピスといいます。カルシウムの「カル」とサルピスの「ピス」をつなげて読むとよく知っている飲料になりますね。面白いつながりです。

 記者―他にも根性・馬鹿・自由など仏教由来の言葉だそうです。メモリアルホール「美空」では葬儀事前相談を随時受け付けている。心配がある方は相談してみよう。

■(株)平和堂典礼【フリーダイヤル】0120・59・6999

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台Ⅱ-2-41

TEL:0120-59-6999

http://www.heiwadou.com

茅ヶ崎版のピックアップ(PR)最新6

茅ヶ崎に訪問ペットシッター

茅ヶ崎に訪問ペットシッター

散歩から気軽に頼める

1月14日号

何度でも無料相談

砂川司法書士事務所

何度でも無料相談

相続や遺言、借金問題など

1月14日号

長期安定するインプラント

長期安定するインプラント

インプラント専門外来・アルカディアインプラントセンター

1月14日号

通信教育で社会福祉士に

注目の「給付金制度」で国家資格取得 4月入学受講生募集

通信教育で社会福祉士に

茅ヶ崎リハビリテーション専門学校

1月7日号

冬の特別金利キャンペーン

スルガ銀行

冬の特別金利キャンペーン

「ほっこり」「ほかほか」2つの定期預金

1月7日号

税務申告とインボイス制度

わかりやすい税の教室 藤沢法人会だより

税務申告とインボイス制度

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook