茅ヶ崎版 掲載号:2018年7月6日号 エリアトップへ

地域活性化団体「chigasaki0467」の代表を務め、市長から感謝状を贈られた 高沢 祐次さん 十間坂在住 43歳

掲載号:2018年7月6日号

  • LINE
  • hatena

地元愛でプロデュース

 ○…「ソーシャルメディアを使って茅ヶ崎に貢献できないか」。広告代理店に勤める傍ら、2013年に妻と二人で「chigasaki0467」を設立。地元の魅力を発信するSNSアカウントで1フォローにつき1円を寄付するルールをつくり、今年の5月までの5年間、自費で市へ募金してきた。

 ○…「生きがいはへヴィメタル」。梅田中時代に初めてベースを握った。北陵高校在学中に友達の家でイギリスのバンド「ジューダス・プリースト」の楽曲「ペインキラー」を聴いたとき、その攻撃的なギターのリフに魅了された。駒澤大学に進学し、経営学を専攻しつつ、へヴィメタル専門の軽音楽サークルに所属し、オリジナル曲の作詞・作曲も手掛けた。「音痴でコーラスはクビになっちゃったんです」と懐かしげに当時を振り返る。

 ○…大学2年の時に見たテレビCMで、クリエイティブな中にも商品を売るための戦略を織り込む広告に関心を抱いた。卒業後は広告畑を渡り歩き、2004年に廣洋社へ入社。WEBマーケティングの分野で第一線を張る。「消費者と企業、企業と企業を結び付けていかなければ」という視点は、団体の活動にも活かされている。

 ○…妻と娘と息子の4人で十間坂に住む。今年のゴールデンウィークには家族サービスで長野に旅行したが、「いつも仕事やchigasaki0467の企画のヒントを探しちゃうんです」と苦笑い。湘南地域の学びの場を紹介する講座や、今年の5月にはプロミュージシャンとコラボして浜降祭がテーマのメタル曲を制作。自身もベースとして参加するなど、多方面で活動の輪を広げている。「一人ひとりが地域に貢献できるモデルを作りたい」と茅ヶ崎の明日を見つめた。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月13日号

宮坂 義明さん

茅ヶ崎商工会議所青年部(YEG)の今年度会長に就任した

宮坂 義明さん

藤沢市在住 43歳

5月6日号

岡田 嘉則さん

藤沢市にある高齢者施設で、作品展「三人展 春光」を開催している

岡田 嘉則さん

元町在住 68歳

4月29日号

バンティング香さん

23日から始まるギャラリー街路樹の展示に参加する陶芸作家

バンティング香さん

矢畑在住 49歳

4月22日号

大柳 誠二さん

茅ヶ崎市消防署長に就任した

大柳 誠二さん

寒川町田端在住 54歳

4月15日号

小林 花音さん

「全日本アンサンブルコンテスト」で大学の部金賞に輝いた

小林 花音さん

円蔵在住 19歳

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook