茅ヶ崎版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

小児医療費 助成拡大へ 通院補助を中学3年まで

政治

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena

 佐藤光茅ヶ崎市長は5月29日、記者会見のなかで、今年10月を目途に小児医療費の助成対象を拡大する考えを示した。予算には2019年度当初予算で留保された「肉付け予算」が充てられる。

 現行の小児医療費助成制度では、0歳から小学3年生まで通院・調剤・入院に掛かる自己負担を全額助成。小学4年生から小学6年生までの調剤・入院を全額助成し、通院のみ1回あたり500円を超えた額を助成している。中学1年生から3年生までは入院のみの助成となっていた。4歳以上所得制限あり。

 今回の施政方針では、今年10月を目途に通院の助成対象を中学3年生まで拡大し、1回の通院につき500円を上限として自己負担額を設定した。子育て家庭の経済的負担の軽減と、安心して子育てができる環境づくりを図る。

「肉付け予算」は9億

 佐藤市長は5月29日の記者会見で、留保していた政策的経費を計上した「肉付け予算」を発表した。

 19年度当初予算は佐藤市長の就任に伴い、人件費などの義務的経費を中心とする「骨格予算」としていた。今回の「肉付け予算」では、留保していた23億円のうち、道の駅整備推進事業で用地取得が遅れたことなどから、9億1597万円の計上に留まった。小児医療費助成事業(3209万円)など、市長選出馬時から掲げていた重点政策の実行に向けた編成となった。

 柳島の国道134号線沿いに建設予定の道の駅整備推進事業では、12億9千万円の経費が見込まれていた。しかし昨年夏から用地取得が95・4%で止まっていることから、周辺道路整備などに6324万円とした。

 学びの場の創出事業として、児童の安全・安心な放課後の居場所づくりのため、梅田・茅ヶ崎小学校区を対象に、市勤労市民会館5階部分を活用した民設民営の児童クラブの新設に1260万円を分配。西久保地区に伝わる民話「河童徳利」の伝承を目的とする河童徳利ひろば整備事業に4646万円を計上した。

 佐藤市長は「公約実現に向け、市として最適な姿を目指して取り組んでいく」と話した。
 

花とともにくらす会

「夢、愛、花、郷―小出川」が合言葉。河川敷に花を植栽し季節毎にまつりを開催

http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/kankou_list/event/1006877.html

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

学童待機が174人に増加

学童待機が174人に増加 教育

急がれる施設整備

6月14日号

茅ヶ崎映画祭 あす開幕

茅ヶ崎映画祭 あす開幕 文化

9会場で12作品上映

6月14日号

小学校でエアコン稼働

小学校でエアコン稼働 教育

昨年の中学校に続き

6月7日号

大森真有さんがグランプリ

大森真有さんがグランプリ 社会

湘南ガールコンテスト

5月31日号

北マケドニアに五輪で協力

北マケドニアに五輪で協力 スポーツ

茅ヶ崎がホストタウンに

5月24日号

市内待機児童5人に

市内待機児童5人に 教育

減少も無償化対策急務

5月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク