茅ヶ崎版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

地元でのホールワンマンライブに挑むシンガーソングライター 飯田 舞さん 市内在住 34歳

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena

誰かの人生のワンシーンに

 ○…「生まれ育った茅ヶ崎。憧れのホールで歌声を届けたかった」。150cmの身体から飛び出す力強いハイトーンボイスを武器に15年。挫折を乗り越え、地元で初のホールワンマンライブに臨む。「応援してくれる方々に、ここまで来たよ、と伝えたい」

 ○…東海岸南に生まれた。祖母のカラオケキットで歌うのが大好きな少女で第一中学では3年間、合唱祭で伴奏を担当。「楽譜が読めないから耳コピで乗り切りました」とはにかむ。西浜高校では歌手のaikoに憧れピアノ弾き語りに夢中に。音楽系の短大に進学すると都内ライブハウスで実力を磨いた。転機は21歳で訪れた。偶然、ライブに居合わせた現在の所属事務所社長からオファーが舞い込んだ。「初めは怪しい話かと思ってしまった」と笑う。事務所のラジオ番組で生歌を披露すると、ゲーム会社から主題歌の依頼が飛び込み、デビューを果たした。

 ○…「『まだやってるんだ』と言われたこともあった」。湘南祭メインステージや関西ライブといった全国巡業の裏で、生活費をアルバイトで稼いだり、迫りくるライブ日程に「いつの間にかライブで機械的に歌う自分がいた」と2015年に活動休止を宣言した。茅ケ崎駅ビル内のお茶専門店で働いたこともあったが、「辞めた直後は解放感があった。でも1年3カ月考えて、やっぱり歌が好きと気付きました」

 ○…富士山ふもとのキャンプ場で満天の星空の下、仲間とギターやウクレレを弾き語るのが至福のひととき。「飲めばみんな友達」と、地元で酒を酌み交わす一面も。「台湾から来てくれるファンもいる。彼らのためにもライブの一つひとつに意味を込め、私の歌が誰かの人生のワンシーンになれるよう歌い続ける」と、歌声を紡いでいく。

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

岡崎 文江さん

「田舎会」で郷土料理の指導を行う

岡崎 文江さん

堤在住 79歳

10月11日号

片桐 俊彦さん

茅ケ崎警察署長に9月に就任した

片桐 俊彦さん

十間坂在住 59歳

10月4日号

松島 恵利子さん

『義足と歩む』を出版した脚本家・ライターの

松島 恵利子さん

平和町在住 55歳

9月27日号

片山 誠史さん

「茅ヶ崎ジャンボリー」の実行委員

片山 誠史さん

元町在住 43歳

9月20日号

柳 賢一さん

金時山3000回、大山1000回、富士山100回登頂した

柳 賢一さん

赤松町在住 79歳

9月13日号

臼井 恵之輔さん

市内公立小中学校に絵画を寄贈した

臼井 恵之輔さん

下寺尾在住 82歳

9月6日号

金丸 泰山さん

茅ヶ崎初の少年少女国連大使

金丸 泰山さん

東海岸南在住 15歳

8月30日号

花とともにくらす会

「夢、愛、花、郷―小出川」が合言葉。河川敷に花を植栽し季節毎にまつりを開催

http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/kankou_list/event/1006877.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク