茅ヶ崎版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

インターハイ陸上 全国決勝でも"まず先頭"へ 小谷真波さんが3000m17位

スポーツ

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena
決勝でも先頭に出た小谷さん(右から2人目)=9日・沖縄市タピック県総ひやごんスタジアム
決勝でも先頭に出た小谷さん(右から2人目)=9日・沖縄市タピック県総ひやごんスタジアム

 沖縄県で8月4〜8日に行われたインターハイ(全国高校総体)の陸上競技で、女子3000mに出場した松浪在住の小谷真波さん(白鵬女子高3年)が予選を突破し、決勝で17位に。男子5000mの松林在住・力石暁(さとる)さん(鎌倉学園高3年)は予選で敗退した。

*  *  *

 中学から始めた陸上で、個人種目では初の全国まで登りつめた小谷さん。その大舞台は、うれしさと悔しさが交錯した。

 7日の3000m予選に臨んだ小谷さんはいつも通り、「パーンと前に出てレースをつくっていく」と全国でも積極的な走りを見せ、その組の5着で予選突破。目標の決勝進出を果たし、ゴール後には目を潤ませて喜んだ。翌8日、外国人留学生6人を含む自身より持ちタイムのいい選手ばかりとの戦いになった決勝でも、スタートから勇気を持って先頭に飛び出した。しかし、中盤から徐々に順位を下げ、「抜かされても付いていけなかったのが悔しい」。自己ベストには40秒ほど及ばない10分3秒32の17位でフィニッシュすると、悔し涙があふれた。

 予選で掴んだ手応えと、決勝で痛感した全国トップとの力の差。白鵬女子として今大会に唯一出場した小谷さんは、「この経験をチームに持ち帰りたい」と上を向く。11月には、全国高校駅伝の3年連続出場がかかる県予選が控える。「絶対に負けられない」。インターハイを経験した負けず嫌いは、前へ前へと突き進む。

3年ぶりの全国力石さん予選敗退

 中学3年の全国中学校体育大会以来、個人戦で3年ぶりに全国へ戻ってきた力石さん。神奈川の世代トップとして高校に進学するも故障などで結果が出ず、最後の夏にインターハイに姿を現した。

 出場した5000m予選では、集団の中でレースを進めた。中間点あたりから表情は険しさを増し、少しずつ後退。14分56秒74の15着でゴールし、決勝へ進むことは叶わなかった。「力不足です」。額の汗を拭いながら、力石さんは負けを認めた。「2400mぐらいから一気にきつくなった」と振り返りつつ、最後に粘って順位を上げたことについては「あれが自分の持ち味。駅伝にも生かしたい」としっかり前を見据えた。箱根駅伝を夢見るランナーは、高校最後の全国高校駅伝で再び大舞台に戻るつもりだ。
 

終盤に順位を上げた力石さん=6日
終盤に順位を上げた力石さん=6日

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

いじめ防止基本方針を改定へ

いじめ防止基本方針を改定へ 教育

15年度の重大事案を素案に反映

9月20日号

水を操り 水と生きる

株式会社ダンレイ

水を操り 水と生きる 経済

9月20日号

花と対話し季節学ぶ

花と対話し季節学ぶ 教育

平和学園幼稚園で華道教室

9月20日号

美容通してみんな笑顔に

美容通してみんな笑顔に 社会

22日 バリアフリーフェス

9月20日号

子どもたちを箱根へ招待

子どもたちを箱根へ招待 社会

茅ヶ崎遊技場組合

9月20日号

10回目の「茅ヶ崎ジャンボリー」

9月23日

10回目の「茅ヶ崎ジャンボリー」 文化

里山公園で午前10時から

9月20日号

11月に定期演奏会

明治大学マンドリン倶楽部

11月に定期演奏会 文化

ゲストは北川大介さん

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

みんなで支える認知症

イベント

みんなで支える認知症

9月29日 オレンジDay

9月29日~9月29日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク