茅ヶ崎版 掲載号:2019年8月30日号 エリアトップへ

振付師・島雄さん 世界を席巻 ダンス大会で日本人初Vに導く

スポーツ

掲載号:2019年8月30日号

  • LINE
  • hatena
金メダルを持つ島雄さん
金メダルを持つ島雄さん

 米アリゾナ州で8月11日まで開かれたダンス世界大会で、「KANA―BOON!ALLSTAR」が日本人グループで初めてメガクルー部門で優勝した。市内浜須賀在住でチームの振付を考案した島雄壮大(そうた)さん(18)の、和と洋を融合させたダンスが世界を魅了した。

 ヒップホップの五輪とも称される大会「ヒップ・ホップ・ダンス・チャンピオンシップ」には52カ国から約4千人が参加した。メガクルー部門は15〜40人で演技を披露し、56チームが競い合った。

 藤沢市辻堂神台のダンス教室「Studio HANA!」(深澤きよ美代表)の「KANA―BOON!ALLSTAR」は、10〜18歳のメンバー40人が大会に出場した。

 ダンサーの島雄さんはチームの全体振付も考案。法被や笠を使って侍を想起させる動きで「和」を表現すると、スーツに早着替えして世界観を「洋」に一変させオーケストラ調に仕立て、4分間で和と洋を融合させた。終了後は拍手に包まれ、島雄さんは「自分の振付で選手に金メダルを贈ることができた」と喜んだ。

 島雄さんは同教室でインストラクターを務める母の影響で9歳からダンスを始めた。13歳で初めて世界に挑み6位、リベンジに燃えた14歳でも再び6位と、なぜ勝てないのか悩んだ。勝利へのこだわりは振付へと向かい、「コーチに『自分の振付の方がかっこいい』と主張したこともあった」。

師が見抜いた才能

 深澤代表は、島雄さんの才能を見抜いていた。15歳の少年を2015年の世界大会の振付師に起用すると、初めての振付で優勝。翌年も優勝し、前人未到のバーシティ部門2連覇をけん引した。

 島雄さんは「良い作品を作り続けたい」と語り、「この世界大会に限らず挑戦し活躍の幅を広げたい」と意気込んだ。

 茅ヶ崎在住の優勝メンバーは以下の通り(敬称略)。▽島雄壮大▽島雄こなつ▽上田祐凪(ゆうな)▽石川渚▽平野花奈(はんな)▽伊藤空▽斎藤璃子(りこ)▽増山蓮音(れんと)▽戸嶋琉之介▽新和佳奈▽和田大晴
 

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

19歳女性、「SDGs」を発信

19歳女性、「SDGs」を発信 社会

フリーぺーパーやHPで

7月3日号

シュウマイをメジャーに

close up!

シュウマイをメジャーに 社会

菱沼出身「シュウマイ潤」さん

7月3日号

コロナ禍でニーズ増

子ども食堂

コロナ禍でニーズ増 社会

知恵出し合い運営継続

6月26日号

中3生に集大成の場を

部活動

中3生に集大成の場を 教育

保護者らが市へ署名提出

6月26日号

食の問題「遊牧民(ノマド)」スタイルで

close up!

食の問題「遊牧民(ノマド)」スタイルで 文化

行谷で料理工房、山内夫妻

6月19日号

どうなる今夏の海

どうなる今夏の海 社会

「無法地帯化」回避へ検討進む

6月19日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク