茅ヶ崎版 掲載号:2020年6月26日号 エリアトップへ

(PR)

葬儀の服装 昔と今 葬儀の本当のマナー

掲載号:2020年6月26日号

  • LINE
  • hatena
昔の辻堂地区の葬儀風景
昔の辻堂地区の葬儀風景

 記者―最近インターネットで葬儀の時の服装の議論をたまに見かける。無料式場メモリアルホール「美空」を運営する葬儀業界37年目の(株)平和堂典礼の代表に会葬時の服装を聞いてみた。

 代表―最近では葬儀の時の服装の事が記事になる事がありますね。「家族葬」が多くなってきたからかも知れません。一般葬でしたら仕事帰りのご会葬など、地味な平服の参列者が多いため違和感はないと思われますが、数人から十数人の家族葬では違う服装の場合に目立ってしまいます。昔から光物がダメだとか、革製品がダメだとか、真珠なら良いとか、色々といわれがあります。地域や宗教によっても違うしきたりが存在します。それではどうすればいいのか。答えは一つです。「人には意見をしない」これに尽きると思います。そして「人に合わせる」と言う事です。例えば真珠の大粒のネックレスの人に「大粒はだめよ」と言っている女性のネックレスが真珠の小粒で2連ではいけません。重なるのはだめですね。「革製品はダメ」と注意している方がにぎりを口にします。殺生の連想からダメなのですから、おなじですね。多くは年長の方から若輩の方へ老婆心で伝授したいとの思いからでも我慢した方が得策です。自分が知っていることは、実はマナーの一部分だけだったりするからです。

 多少違っていてもその人なりに考えて故人を思っての服装であれば「間違っている」とは言えません。写真は昔の辻堂地区の葬儀風景です。多少違えども故人を思い、心を込めて、あるものだけで正装しています。着物もほどいて何回も仕立て直して着ていた時代です。物が溢れている現代では考えられない事かもしれません。家族葬を営む時は先方様に、特にお子様がおられるようなら、服装に気遣いはいらない事を申し伝えるといいと思います。年を重ねると知識は増えますが自分自身、「右も左も分からなかった頃」を忘れがちです。と自分に言い聞かせています。

 記者―私も経験者なのですが、子供の服装をどうするのか困ったことがあります。さて、メモリアルホール「美空」では葬儀相談を随時受け付けている。無料式場で美空ブランドの「百人一趣」の花祭壇。この時期の「ひまわり祭壇」は温かみがあって故人の遺影が微笑んで見える。

■(株)平和堂典礼【フリーダイヤル】0120・59・6999

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台Ⅱ-2-41

TEL:0120-59-6999

https://www.heiwadou.com

茅ヶ崎版のピックアップ(PR)最新6

頼れるプロが課題解決「相続サロン」で相談を

頼れるプロが課題解決「相続サロン」で相談を

メール・電話も受付

9月17日号

一夜限りの特別な体験

GDO茅ヶ崎ゴルフリンクス 参加無料

一夜限りの特別な体験

10月9日に地域向けイベント

9月17日号

愛車の売却 お任せを

愛車の売却 お任せを

最低2万円〜高価買取

9月17日号

次期監督・沼尻氏との名曲選

神奈川フィル・巡回公演

次期監督・沼尻氏との名曲選

9月17日号

魅力そのままに改装一新

製菓シャトー(辻堂) 美味しく値段手頃

魅力そのままに改装一新

9月10日号

噛める、痛くない、審美的入れ歯で快適生活

噛める、痛くない、審美的入れ歯で快適生活

「入れ歯110番」総義歯・部分入れ歯専門外来

9月10日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook