茅ヶ崎版 掲載号:2021年3月5日号 エリアトップへ

毎週南相馬へ通う医師 中尾 誠利さん

社会

掲載号:2021年3月5日号

  • LINE
  • hatena

 茅ヶ崎医師会の産業医・中尾誠利さん(50)=写真=は 10年にわたり「医療ボランティア」として茅ヶ崎から5時間をかけ、南相馬市小高区へと毎週通い続けている。南相馬市立総合病院附属小高診療所をはじめ、現地の病院で外科・内科の診療を続けてきた。

 小高区との縁は2011年2月頃から。医師不足だった小高病院の募集に申し込み、春からの赴任が決定していたタイミングでの震災。「ここで逃げては男がすたる」と、5月末からボランティアとして現地に入った。それから10年が経過。いまだ医師不足は解消されていない。

 茅ヶ崎市よりも広い小高区に、医師が中尾さんのみ、という時間帯もある。そういう時に、地域のつながりがなくてはならない。「ハチに刺されアナフィラキシーショックを起こした人がいました。救急車を待っていては間に合わない。そんなときに助けていただいたのが、軽トラを動かしてくれた住人でした」

 選択肢が限られる状況で、地元住民に助けてもらう経験をたくさんしてきた。「震災発生後に営業を続け、地域を支えたのも、地域の商店でした。地域の絆がないと、大きな震災を乗り越えられないと思います」。そして支えてくれる地域への「ありがとう」という思いこそが、中尾さんを動かす原動力となっている。

大切にするのは笑うこと

 中尾さんは南相馬市だけでなく、千葉県の病院での勤務、茅ヶ崎医師会産業医の仕事も続ける。昨春にはJMAT(日本医師会災害医療チーム )としてダイヤモンド・プリンセス号で新型コロナの対応をした。現在も発熱外来、PCR外来を続けている。「この1年は別次元の忙しさとなっている。まさに『緊急事態』を肌で感じている」と話す。

 そんな中ずっと大切にしているのは、笑うことだ。「深刻な顔をすると余計に疲れてしまう。やっぱり笑っていたほうがいいでしょう。免疫にもいいですから」。いつも首から下げている、患者らとのふれあいの印…たくさんのキーホルダーとともに、笑顔がきらりと輝く。

首から下げたキーホルダー
首から下げたキーホルダー

賃貸物件の管理募集中!

空室でお困りのオーナー様は、お気軽にお電話ください。

https://www.inaoka-h.com/

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

「5G」を学ぶセミナー

「5G」を学ぶセミナー 経済

4月24日 オンラインで

4月16日号

新たに20人の感染者を確認

新型コロナ

新たに20人の感染者を確認 社会

4月16日号

BMXの五輪強化育成選手・内藤さんが茅ヶ崎市長を表敬訪問

【Web限定記事】

BMXの五輪強化育成選手・内藤さんが茅ヶ崎市長を表敬訪問 スポーツ

5月14日からジャパンカップ出場

4月16日号

ハンドメイド展開催

ハンドメイド展開催 文化

ギャラリー街路樹で

4月16日号

茅ヶ崎市による子育て短期支援事業

【Web限定記事】

茅ヶ崎市による子育て短期支援事業 社会

食事、身の回りの世話、学習支援など

4月16日号

シティプロモーション担当新設

【Web限定記事】茅ヶ崎市

シティプロモーション担当新設 政治

4月から組織改正

4月16日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter