茅ヶ崎版 掲載号:2021年9月24日号 エリアトップへ

就農10年「安定経営できてる」 市内初の新規営農者 石川正人さん

経済

掲載号:2021年9月24日号

  • LINE
  • hatena
石川さん(前列右端)と畑を手伝うボランティアメンバー(赤羽根の畑で)
石川さん(前列右端)と畑を手伝うボランティアメンバー(赤羽根の畑で)

 市内で初の非農家出身の農業経営者・石川正人さん(34)が、今年で就農10年を迎えた。

 ホウレンソウやブロッコリーといった定番から、フェンネルやプンタレッラなど珍しい野菜を約50品目・160品種栽培している石川さん。「失敗もたくさんした。5年目くらいから安定経営ができるようになった」と言い、「多くの方に助けていただき、支えてもらったおかげ」と振り返る。

「無理だ」と言われた

 東京農業大学短大を卒業後、農業アカデミー時代に営農を決意。当時、市内には新規就農者がゼロで、市役所に相談しても「無理だ」と言われたという。しかし、熱心に耳を傾けてくれた職員から大竹農園(芹沢)を紹介され、約2年間ノウハウを学んだ。そして、「皆さんの援護射撃があって」赤羽根に約1000平方メートルの土地を借りることができた。

 「毎日日誌をつけて、読み返しながら育てていた」という手探りの状態が約4年間続き、その後は安定的に収穫ができるようになり、月収も大卒の初任給ほどになった。

 同じ頃、市の援農ボランティア育成講座の講師も務めるようになった。畑も約9700平方メートルまで拡大し、今では、同講座の出身者たちが石川さんの野菜作りを手伝っている。

 対面販売にこだわる石川さん。今年の直売は11月6日(土)から来年2月中旬まで、自宅前(東海岸北5の10の50)で実施する予定。
 

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

聖火がつないだ不思議な縁

聖火がつないだ不思議な縁 社会

小学生の自由研究がきっかけ

10月15日号

海洋プラで万華鏡作り

海洋プラで万華鏡作り 教育

10月24日 うみかぜテラス

10月15日号

夜のゴルフ場 特別な体験

夜のゴルフ場 特別な体験 スポーツ

GDOが地域向け企画

10月15日号

ほのぼのイラスト展開催

ほのぼのイラスト展開催 社会

10月28日から

10月15日号

「#ちがすき」中間報告で1位

日本地域情報コンテンツ大賞

「#ちがすき」中間報告で1位 社会

読者投票は10月26日まで

10月15日号

「希望に満ちたシーズンに」

神奈川フィル

「希望に満ちたシーズンに」 文化

来シーズンのプログラムを発表

10月15日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

割烹竹万

新型コロナワクチン2回接種で10%割引も!

http://takeman.co.jp/newinfo/covitvaccine.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook