寒川版 掲載号:2020年11月20日号 エリアトップへ

町制80周年 人口減を見据えたまちづくり 寒川町議会議員 やぎした雅子

掲載号:2020年11月20日号

  • LINE
  • hatena

 今年は町制施行80周年です。寒川町となった昭和15年当時の人口は6772人。その後自然環境を守りながら産業基盤の整備を行った結果48500人までになりました。しかし、80年後の2100年、町の人口も2万人程度と半減の見込みです。さらに異常気象による自然災害、労働力不足、科学技術の進歩などにより私たちの生活環境は大きく変化すると思われます。

 寒川は国交付金を受けなくとも自前の行政運営ができる自治体ですが、国は巨額の財政赤字の状況です。決して今のままでよいとはいえません。「ずっと住み続けたい町づくり」の優先課題はなにか?そのために何をしたいのか、みなさんと意見を交わしてきました。提言の会は実践を伴う会です。様々な意見をもとに「自治」の歩をすすめて行きたいと思います。

柳下雅子

寒川版の意見広告・議会報告最新6

実効性ある行財政改革を

実効性ある行財政改革を

町会議員 やぎした雅子

1月22日号

寒川町議会議員選挙にご関心を!

意見広告

寒川町議会議員選挙にご関心を!

水戸まさし/前衆議院議員

1月22日号

何よりも命の安全保障を

何よりも命の安全保障を

立憲民主党 衆議院議員 あべともこ

1月1日号

コロナのその先へ

県政報告㊳

コロナのその先へ

神奈川県議会議員   山 本 哲

1月1日号

脱炭素シティを目指して

国政の現場から

脱炭素シティを目指して

自由民主党 衆議院議員 星野つよし

1月1日号

中小企業への支援、速やかに

県政報告㊲

中小企業への支援、速やかに

神奈川県議会議員   山 本 哲

12月4日号

あっとほーむデスク

  • 11月6日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク