平塚版 掲載号:2011年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

愛好家22人瀬川四段と対局

文化

6人相手に指す瀬川四段
6人相手に指す瀬川四段

 日本将棋連盟平塚支部(佐々木重輝支部長)が13日、システム会社のサラリーマンから棋界に転身したという異色の経歴で話題のプロ棋士、瀬川晶司四段を中央公民館に招いて、指導対局を行った。

 瀬川四段は、腕自慢の愛好家6人と同時進行で対局。愛好家の向かう将棋盤を次々と回りながら、プロらしい絶妙な一手で相手を唸らせていた。

 瀬川四段は平手、駒落ち様々に、計22人と対局した。勝敗の結果は、瀬川四段の21勝1敗。プロ棋士の貫禄を見せつけた。
 

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

飛騨高山の食つどう

飛騨高山の食つどう

22日から友好都市物産展

3月22日~3月26日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク