平塚版 掲載号:2014年3月20日号
  • googleplus
  • LINE

太洋中 校長ら「苗木と共に育って」 防潮林づくりへ植樹

校庭に苗木を植える大洋中の生徒たち
校庭に苗木を植える大洋中の生徒たち
 市立太洋中学校(鈴木豊校長)で17日、「いのちを守る森づくり植樹式」を実施した。生徒と教諭らが平塚の木の実から育ったスダジイやシラカシなどの苗木500本を植えた。来年度以降も植樹活動を継続し、津波に備えた防災林へ育てようと取り組む予定だ。

 苗木は、障害者施設を運営する市内の社会福祉法人進和学園でドングリなどから育てられたもの。東日本大震災で被災した東北沿岸に森の防潮堤をつくるプロジェクトの提唱者・宮脇昭横浜国立大学名誉教授の指導で、同学園のどんぐりグループが植樹用ポット苗を栽培している。

 植樹式にはサイエンス部と環境ISO委員会の生徒26人と鈴木校長、教諭たちが参加。学園関係者らに協力してもらい、校庭の南側に25種類の苗木を丁寧に植えた。指導に当たった同学園関連会社・研進の出縄貴史社長は、宮脇教授の言葉を紹介し「自然の森は色々な種類の木が混ざり合っている。仲の良いものだけを集めてもだめ」と説明。「人間社会も同じ。互いの存在を認め、競争しながら生きていく。森づくりから世の中を学んで」と話した。

 同校での植樹は、今年度で退任する鈴木校長が恩師である宮脇教授の理念「その土地本来の木による本物の森づくり」に共感して実現した。「将来、自分たちが植えたことを自慢できるような森に育ててほしい」。鈴木校長は苗木の成長を生徒たちへ託す。

 苗木の購入費用などは「いのちの森づくり友の会」の加入企業サン・ライフが基金を通して寄付した。

暑中お見舞い申し上げます

奉仕の意志ある女性たちが活躍

国際ソロプチミスト平塚は来年40周年を迎えます。

https://www.townnews.co.jp/0605/2018/07/12/440092.html

レオスイミングスクール

夏の短期水泳教室開催!期間中に入会で受講料キャッシュバック+入会特典あり

http://www.leoswim.com/

平塚市商店街連合会

市内33商店街が団結し、消費活性の中核となって「明日の平塚」を拓いていきます

http://hiratsuka-shoren.com/

湘南スターモール商店街

七夕の街の商店街。毎月第3土曜「まちかどマルシェ」も開催中です。

http://shonan-starmall.com/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

<PR>

平塚版のトップニュース最新6件

ドラコン世界大会へ

市内在勤近藤さん

ドラコン世界大会へ

7月26日号

記録的猛暑 熱中症相次ぐ

新文化センター整備基準公表

見附台周辺整備

新文化センター整備基準公表

7月19日号

浜大門通り新光会に改称

返礼品用意し2100万円

ふるさと納税

返礼品用意し2100万円

7月12日号

「赤い惑星」に迫る特別展

市博物館

「赤い惑星」に迫る特別展

7月12日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク