平塚版 掲載号:2017年6月22日号 エリアトップへ

新会長に鈴木氏 県土地家屋調査士会

社会

掲載号:2017年6月22日号

  • LINE
  • hatena
鈴木貴志会長
鈴木貴志会長

 県土地家屋調査士会(会員数856人)の定時総会が先月30日に横浜市内で開かれ、市内万田の鈴木貴志氏(55)が新会長に選ばれた。任期は2年。

 土地家屋調査士とは、不動産登記に必要な土地・家屋の調査や測量、審査請求の手続きなどを不動産所有者に代わって行う国家資格所持者。不動産の権利を明確化し、取り引きを進める上で安全確保の要を担う。

 鈴木会長は副会長を2期務め「機が熟した」と会長選への出馬を決めた。就任にあたっては「2年間の任期中、バランスの取れた会運営に努め、同時に会員個々の考え方を尊重していきたい」と意気込んでいる。

 湯河原町出身。芝浦工業大学を卒業後、設計事務所などに勤務し27歳で国家資格を取得。翌年に事務所を万田に開設した。

 30年近く暮らしている平塚を「第二の故郷」と語る鈴木会長。「平塚は文字通り平らな土地で生活しやすい。調査士としてこれからも地域に貢献していきたい」と抱負を語った。

 県土地家屋調査士会では会員相互の親睦、研修会に加え、県内の公立高校への出前授業や各地の無料相談会など地域貢献活動も精力的に行っている。

平塚版のローカルニュース最新6

「エア七夕」に参加しよう

「エア七夕」に参加しよう 文化

作文や俳句など募集

5月28日号

横断幕で児童にエール

横断幕で児童にエール 教育

城島小教諭らが企画

5月28日号

献血で医療支えよう

献血で医療支えよう 社会

平塚JCが支援事業

5月28日号

県内プロ15チーム 1つに

県内プロ15チーム 1つに スポーツ

eスポーツで医療支援

5月28日号

100年前も「人ごみ避けよ」

100年前も「人ごみ避けよ」 社会

寒川文書館所蔵のチラシ

5月28日号

コロナ感染市内32人に

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク