平塚版 掲載号:2018年4月26日号
  • googleplus
  • LINE

外国人高齢者の孤立防げ 市民団体が介護予防教室

社会

指先の体操に取り組む参加者
指先の体操に取り組む参加者
 市民団体の「SIEMPRE GENKI(シェンプレ ゲンキ)」が毎月第3日曜日、ひらつか市民活動センターで外国人高齢者向けの介護予防教室を催している。

 代表を務める日系2世で介護福祉士の小澤エリサさんが勤務する外国人向け相談窓口で介護の相談が増えたことに危機感を感じ、2年前に設立された同団体。厚木や平塚、藤沢で介護予防を啓発している。

 14日の介護予防教室には、ラテン系音楽が流れる中、ペルー人やスペイン人など11人が参加。スペイン語に簡単な日本語を交えながら健康体操や脳トレを実施した。

 小澤さんは「外国人高齢者は日本語が不自由で、孤立しやすい。今後は母国の料理教室を開くなどして、日本人との交流の場をつくりたい」と話していた。

 (問)小澤さん4080・6707・4145へ。

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク