平塚版 掲載号:2018年5月10日号
  • LINE
  • はてぶ

ワンネーションカップ サッカーで友情育む アジア初の湘南大会21日開幕

スポーツ

13年に開かれた第4回トルコ大会の閉会式(提供写真)
13年に開かれた第4回トルコ大会の閉会式(提供写真)
 平塚、茅ヶ崎、大磯の2市1町で5月21日から26日まで、15歳以下の男女が参加する国際的なサッカー大会「ワンネーションカップ2018」が開催される。大会は勝敗だけでなく、国際交流を通して友情を育むことを目的としており、6回目の今大会は初のアジア開催となる。

 同大会は06年に始まった。サッカーワールドカップドイツ大会で、収容規模が小さく試合会場に選ばれなかったブレーメンのスタジアムで国際大会を開こうと地元プロ選手が呼びかけた。

 勝利を目指すだけでなく国際交流を通して、グローバルな視野を持った人間形成を目的としているのが大会の特徴だ。

 今大会には日本、ドイツ、トルコ、南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、ロシア、中国の8カ国が参加。日本チームは、主に市内在学の中学生で結成した湘南選抜U―15男女2チームが出場する。馬入ふれあい公園サッカー場や柳島スポーツ公園(茅ヶ崎)、星槎湘南大磯キャンパス(大磯)で予選を戦い、26日にShonanBMWスタジアム平塚で順位決定戦が行われる。

 参加選手だけでなく地域の中学生にも目を向け、国際交流の取り組みとしてパートナースクール制度が設けられた。2市1町から選ばれた8校の生徒が来日したチームのサポーターとなって、会場で応援したり、選手が学校を訪問したりして親睦を深める取り組みも盛り込まれている。

 湘南大会に向けては、昨年8月に2市1町と地元スポーツ関係団体などで実行委員会を設立。ドイツのプロリーグでプレー経験を持つ横浜FC会長の奥寺康彦さんが委員長に就任し、2市1町の首長が顧問を務めて官民連携で準備を進めてきた。

 選手らの滞在費は主催者側が負担するシステムで、実行委は企業や団体などから集めた協賛金を充てたほか、インターネット上で資金を募るクラウドファンディングを活用し、18日まで協力を呼びかけている。

 実行委員で星槎国際高校男子サッカー部総監督の大森酉三郎さんは、「大会が子供たちの未来につながれば嬉しい」と期待を込めている。

数量限定!大人気メニュー

箱根「田むら銀かつ亭」の豆腐かつ、自然薯コロッケ使用のサンドウィッチ販売中

https://www.brooks.co.jp/nk/cafe/

<PR>

平塚版のトップニュース最新6件

クラブ史上初のファイナルへ

ベルマーレ

クラブ史上初のファイナルへ

10月18日号

被害総額1億円突破

振り込め詐欺

被害総額1億円突破

10月18日号

プロ棋士と1000面打ち

谷容子氏が出馬意思

市長選

谷容子氏が出馬意思

10月11日号

全中学校にタブレット導入

300年記念誌を制作

諏訪神社

300年記念誌を制作

10月4日号

山協印刷 テクノフェアに出展

山協印刷は湘南クチコミナビ「湘南ナビ!」を応援しています。

http://www.shonan-navi.net

鈴木製餡所 テクノフェアに出展

10月20日(土)当店ブースで特選あんこ「湘南の夢®」(こし/小倉)など販売

http://suzukiseian.d.dooo.jp/

<PR>

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク