平塚版 掲載号:2019年2月28日号
  • LINE
  • hatena

北京五輪の400mリレーの銀メダリストで、市内に陸上教室「ERC」を設立した 末續(すえつぐ) 慎吾さん 市内在住 38歳

自由に走る喜びを胸に

 ○…「大空を自由に飛ぶイーグル(鷲)のように、『自由に走る』楽しさを伝えたい」。北京五輪400mリレーの銀メダリストが1月27日、母校・東海大学在学中にも住んでいた平塚で、年齢・経験不問の陸上教室「ERC(イーグルラン・ランニング・コミュニティ)」を設立した。目指すのは、走りを通じて人生が豊かになるような場所づくり。「新しい友だちを作ったり、子や孫と一緒に走るのを楽しんだり、人の輪が広がるきっかけになれば」

 ○…熊本県熊本市出身。「トレーニング施設が充実しているから」と東海大学に進学した。抜きん出た脚力で注目を集め、大学2年生だった2000年、シドニーで念願の五輪初出場を果たす。続く04年のアテネを経て、3大会連続出場となった08年の北京五輪。第2走者としてチームに貢献し、五輪短距離種目で日本人初のメダリストに。スポーツ史にその名を刻んだ。

 ○…一方、心の中では大きな葛藤も抱えていた。「選手として0・1秒でも速い記録を常に求められる『勝利至上主義』。でも走ることの意味は、勝ち負けだけではないはず」。五輪を終え「自由に走る喜び」を伝えられる陸上教室への思いが募った。構想約10年。実現にこぎ着けた同教室は話題を集め、1月20日のプレイベントの参加者は、父親に抱かれたままの1歳の子供から、マスターズ陸上で走っているという80代まで約100人に上った。

 ○…現役ランナーを続けるほか、現在、星槎大学特任准教授としても陸上競技などを指導している。多忙な日々を過ごす中「市内で好きな場所」と話す平塚海岸でサーフィンを楽しむのが息抜きという。今後は「故郷・熊本をはじめ、47都道府県にERCの支部を立ち上げたい」。笑顔と人の輪を各地に広げる挑戦が、いま、走り始めた。

平塚版の人物風土記最新6件

山岸 和子さん

全国公募団体IAC美術会湘南支部の支部長を務める

山岸 和子さん

3月21日号

西村 智之さん

NPO法人「湘南遺産プロジェクト」の代表理事で、4月に平塚でイベントを開催する

西村 智之さん

3月14日号

内田 早苗さん

NPO法人「絵本で子育て」センター絵本講師で「きいろいおうち」を主宰する

内田 早苗さん

3月7日号

冨塚 フミ子さん

浄信寺のつるし雛展で作品を展示する「あじさい会」会長の

冨塚 フミ子さん

2月21日号

三枝 賞造さん

株式会社荒井ベジアス平塚土屋農場の直売所店長

三枝 賞造さん

2月14日号

岡根 武彦さん

市博物館で企画展を開催している日本野鳥の会会員

岡根 武彦さん

2月7日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歴史物語る民具を展示

歴史物語る民具を展示

市博物館で特別展

3月21日~5月6日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク