平塚版 掲載号:2019年10月24日号 エリアトップへ

認知症高齢者が「いらっしゃい」 「注文をまちがえるレストラン」盛況

社会

掲載号:2019年10月24日号

  • LINE
  • hatena

社会参画への理解めざす

 その名も「注文をまちがえる湘南フレンチレストラン」(主催/ひらつか地域介護システム会議グループホーム・小規模多機能連絡会)が20日、夕陽ケ丘のレストラン「アッシュ×エム」を会場に1日限定でオープンした。エプロンを着用し接客を担当した「従業員」はすべて認知症の人たちだ=写真。

 接客を務めたのは、市内外の高齢者施設を利用する70〜90代の27人。この日は客から注文を受け、料理を運び、急な注文変更などもボランティアスタッフの手を借りこなした。八重咲町の機能訓練型通所施設に勤める五十嵐由美さん(49)は友人と二人で来店。「オーダーはスムーズ。料理を運んでくださった後、おぼんを持ち帰り忘れてらっしゃいましたが、気にならなかったです」と振り返った。

 レストランの発起人で介護福祉士の高橋勇士さん(38)は飯島にあるグループホームに務めている。介護の現場で認知症の人たちと接する高橋さんは、社会を取り巻く偏見や誤解をなくそうと、各方面の理解と協力を得て「開店」にこぎつけた。

 高橋さんによると、認知症の人も健常者と同様調理で刃物を使う際は自発的に細心の注意を払うといい、物忘れがあっても多少の補助があればコミュニケーションにも支障はないという。「認知症の人たちは日常生活でちょっとした間違いをするというだけ。それは認知症でない私たちも同じことです」と高橋さん。

 この日、当初の定員を超す100人以上が来店し、1日限定の営業は終了した。高橋さんは「皆さん一様に充実した表情をされていました。認知症であってもなくても『やりがい』や『必要とされる喜び』は生きるうえで誰にとっても必要不可欠」と訴えた。

 多少のミスに寛容で手を差し伸べ合える社会、認知症の人たちが当たり前のように参画できる社会の実現をめざし、高橋さんは「注文をまちがえるレストラン」の第二弾をオープンしたい考えだ。

平塚版のローカルニュース最新6

コスモスとひまわりの共演

コスモスとひまわりの共演 教育

美里・柿の実こども園

10月14日号

「希望に満ちたシーズンに」

神奈川フィル

「希望に満ちたシーズンに」 文化

来季プログラムを発表

10月14日号

私たちの抱負

22年成人式実行委員を紹介!

私たちの抱負 社会

〜後編〜

10月14日号

美しさひも解く初個展

美しさひも解く初個展 文化

真田在住 米満さん

10月14日号

生徒が教会で「模擬葬儀」

生徒が教会で「模擬葬儀」 教育

葬祭専門学校の体験授業

10月14日号

「伝統」と「革新」、柔軟に対応

特別インタビュー

「伝統」と「革新」、柔軟に対応 経済

豊島屋 久保田陽彦社長に聞く

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook