平塚版 掲載号:2019年11月28日号 エリアトップへ

湘南ベルマーレ J1残留へ「大一番」 30日、ホーム最終戦

スポーツ

掲載号:2019年11月28日号

  • LINE
  • hatena
キレのある動きでチームを牽引した山田直輝
キレのある動きでチームを牽引した山田直輝

 サッカーJ1の湘南ベルマーレは30日(土)、残留を左右するホーム最終戦第33節に臨む。現在16位のベルマーレは、結果次第で残留に望みをつなぎ、降格圏に転落する可能性もある。8月3日(第21節・鹿島戦)以来となるホーム5勝目を目指す。14時キックオフ。

※  ※  ※

 J1リーグは23日までに第31節を終え、13位の浦和レッズから最下位のジュビロ磐田までが勝ち点8差にひしめいている。ベルマーレは今季通算成績9勝5分18敗の勝ち点32とし、J1参入プレーオフに回る16位につけている。残り2試合で勝ち点4差にある残留圏を目指す一方、勝ち点2差で自動降格圏が迫っている状況にある。

 前節23日のFC東京戦は、序盤から敵陣の深い位置からボールを追い回す攻撃的な姿勢で主導権を握り、湘南らしい試合運びを展開した。なかでも2試合続けてスタメン出場したFW山田直輝は攻守で活躍。ポスト直撃の惜しいシュートを放った直後、カウンターから迎えた前半36分のチャンスで松田天馬が挙げた先制点をスルーパスでアシストした。後半アディショナルタイムの失点で引き分けて10試合ぶりの白星を逃したが、持ち前の運動量で首位の相手から勝ち点1を奪う執念を見せた。

 浮嶋敏監督は試合後、「勝ち点3を取るという部分で1ミリ足りなかった」と悔しさを滲ませたが、「首位であり、代表選手も多いチームを相手にこれだけできたことは良かった」と評価した。

生き残りへ次節がカギ

 残留争いは、最終戦(第34節)まで混戦が続きそうだ。残留圏の15位を巡っては、14位のサガン鳥栖と15位の清水エスパルスの直接対決が最終戦で控えており、ベルマーレが残り2戦を連勝で終えると、結果次第で15位に浮上する可能性を残している。

 自動降格を巡っては勝ち点4差以内に松本山雅とジュビロ磐田が迫っている状況にある。次節、ベルマーレの白星で松本が引き分け以下に終わると16位以上が確定する。一方でベルマーレが引き分け以下なら、結果次第で自動降格回避を争う三つ巴の最終戦に突入。ベルマーレは松本山雅と16位の座を争う。

平塚版のトップニュース最新6

「甘くて濃い」初秋の味覚

「甘くて濃い」初秋の味覚 文化

「湘南梨」が収穫ピーク

8月13日号

少人数対話を実施

龍城ケ丘プール跡地

少人数対話を実施 社会

参加者「市民の公園」要望

8月13日号

天球の夜空ふたたび

市博物館

天球の夜空ふたたび 文化

約5カ月ぶりに投影

8月6日号

小中学校にコロナ支援金

平塚市

小中学校にコロナ支援金 社会

1校に最大400万円

8月6日号

コロナ対策 新たに17億円

平塚市

コロナ対策 新たに17億円 社会

新生児1人に10万円給付

7月30日号

「BMWス」愛称変更へ

平塚市

「BMWス」愛称変更へ 社会

ベルマーレ応援歌に影響

7月30日号

あっとほーむデスク

  • 7月30日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク