平塚版 掲載号:2020年1月16日号 エリアトップへ

湘南ベルマーレ 「情熱」を胸に前進 節目の年に決意表明

スポーツ

掲載号:2020年1月16日号

  • LINE
  • hatena
会見に出席した新加入選手(前列左から馬渡、石原直、福田、舘、岩崎、大岩、後列左からタリク、茨田、畑、三幸、堀田)
会見に出席した新加入選手(前列左から馬渡、石原直、福田、舘、岩崎、大岩、後列左からタリク、茨田、畑、三幸、堀田)

 湘南ベルマーレは11日、ホテルサンライフガーデンで会見を開き、今シーズンの体制を発表した。会見には、左胸のエンブレムを起点に、デザインコンセプトの「情熱の集結」を落とし込んだ新ユニフォーム姿の新加入選手も顔を揃えた。

 チームにとって今シーズンは、「ベルマーレ平塚」から改称して20年目。冒頭で眞壁潔会長は「この20年間、クラブ存続危機から心配をかけながら、昨年もハラハラさせてしまいましたが、たくさんの情熱に支えていただいたおかげです」と感謝を述べ、「甘えることなくステップアップしたい」とあいさつした。

 今シーズンのチームスローガンは「前進〜PROGRESSION〜」。浮嶋敏監督は「夏までは良い戦いをしていたが、その後は3歩進んで3歩下がるようだった」と昨シーズンを振り返り、スローガンについて「築いてきたサッカーをベースに1歩、2歩と確実に前進する思いを込めた」と説明した。

 チームには、期限付き移籍からの復帰を含めて15選手が加入した。12年ぶりにベルマーレに復帰したFW石原直樹(前ベガルタ仙台)をはじめ、攻撃的サイドバックの馬渡和彰(前川崎フロンターレ)、ノルウェー代表FWタリク(前AIKソルナ)など、実績ある選手を補強。坂本紘司スポーツダイレクターは編成について、競争力と湘南でプレーする意欲を挙げ、「条件を満たす選手が揃った」と胸を張る。

 その他の加入選手は、MF福田晃斗(前サガン鳥栖)、DF舘幸希(日本大学)、FW岩崎悠人(前北海道コンサドーレ札幌)、DF大岩一貴(前ベガルタ仙台)、MF茨田陽生(前大宮アルディージャ)、DF畑大雅(市立船橋高)、MF三幸秀稔(レノファ山口)、堀田大暉(福島ユナイテッドFC)。谷晃生(前ガンバ大阪)と若月大和(桐生第一高)は会見を欠席した。

 石原直樹は会見で、「経験を若い選手に吸収してもらえるよう、チームを引っ張りたい」と抱負を語った。チームは18日から31日までスペインでキャンプを行い、2月21日の開幕戦で浦和レッズをホームで迎え撃つ。

平塚版のトップニュース最新6

過去2番目、875億円

一般会計予算案

過去2番目、875億円 社会

文化ホール整備など重点

2月13日号

千畝の子孫と対面

市内在住木下さん

千畝の子孫と対面 社会

「命のビザ」感謝つなぐ

2月13日号

最高の演技に笑顔

平塚学園高

最高の演技に笑顔 スポーツ

チアダンス部が全国大会へ

2月6日号

公園整備案きまる

龍城ケ丘

公園整備案きまる 経済

マルシェ棟や駐車場を配置

2月6日号

「事業手法」民間と検討

中学校給食

「事業手法」民間と検討 社会

平塚市 公募型プロポーザル

1月30日号

朝摘みを消費者へ

朝摘みを消費者へ 文化

平塚産イチゴ出荷ピーク

1月30日号

「安全対策」を明文化

教育大綱改訂

「安全対策」を明文化 社会

土屋小れき死事故うけ

1月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 1月23日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク