平塚版 掲載号:2020年4月16日号 エリアトップへ

テイクアウト支援広がる コロナ影響の飲食店応援

経済

掲載号:2020年4月16日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルス感染拡大により来店者の減少や営業の自粛、時間短縮等の影響を受けている飲食店を応援しようと、持ち帰りを実施している店舗を紹介する動きが市内で広がっている。

 駅前商店街の商店主などで構成される平塚まちなか活性化隊(平塚まち活)では、「お弁当まっぷ」というアプリを制作し、市内店舗のテイクアウト情報を集約している。

 アプリを作成したのは、平塚まち活のメンバーで、だるまや京染本店6代目の八木賢一さん(38)。普段から足を運んでいた居酒屋や仲間の店などを応援する方法はないかと考え、まち活メンバーに提案。元SEの経歴を生かし、他地域の事例などを参考にしながら開設した。

 店舗の情報は写真付きの一覧ページのほか、マップからも検索可能。飲食店店主や、サービスを利用した客が情報を投稿できる入力フォームもあり誰でも登録可能。更新は八木さんが手作業で行っている。

 八木さんは「焼け石に水とはわかっているけれど、応援しようという気持ちをテイクアウトするという形で伝える動きが生まれるかもしれない。無料なので、気軽に使ってみてほしい」と呼びかける。

各団体等からも「#」でエール

 平塚市は7日、公式ツイッターを使い、地元飲食店の支援を目的に「#hiratsukafood」を開始。ハッシュタグ付きの飲食店情報のツイートを拡散している。

 若手経営者団体の平塚青年会議所(平塚JC)は10日、フェイスブック上で飲食店の情報を募る「#平塚テイクアウト」を開始した。続々と投稿が集まる中、13日にはフェイスブックに登録していない人や若い世代にも気軽に利用してほしいと、ハンドルネームでやりとりできるLINE内の機能「OPENCHAT」の運用も始まった。

平塚版のトップニュース最新6

灯ろう浮かべ、平和希求

灯ろう浮かべ、平和希求 社会

総合公園で市民イベント

8月11日号

金目小の道越さん全国へ

バドミントン女子

金目小の道越さん全国へ スポーツ

初舞台に向け意気込み

8月11日号

手術支援ロボ 10月稼働へ

平塚市民病院

手術支援ロボ 10月稼働へ 社会

国産機導入は県内初

8月4日号

子どもの宿題お助け

市地区図書館

子どもの宿題お助け 教育

夏休み期間中、月曜開館

8月4日号

囲碁の高校全国大会へ

横内在住尾島さん

囲碁の高校全国大会へ 教育

平常心で「ベスト16目指す」

7月28日号

聞かせて子育てママの声

母親グループ

聞かせて子育てママの声 教育

1000人目指しアンケート

7月28日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook