平塚版 掲載号:2020年7月23日号 エリアトップへ

安価で温かい「食事と場」を 子ども食堂が中原で開店

社会

掲載号:2020年7月23日号

  • LINE
  • hatena
食堂でカレーを食べる姉弟
食堂でカレーを食べる姉弟

 子どもから大人まで安価で食事を提供するボランティア食堂「キッチンひばり野」=中原1の13の13=が14日、オープンした。ボランティア団体「ひばり野のなかま達」が主催。ラーメン店の定休日に店を間借りして、月に2回開店する。

 野菜や米などの食料は、市内の農家や家庭菜園から寄付されたもの。その日のメニューは食料の在庫で決められる。開店初日はボランティアらがじゃがいもや玉ねぎなど13種類の野菜でカレーやサラダなどを調理し、振る舞った。

 同食堂は子どもだけでなく、大人や高齢者も対象。代表の大畑正子さんは「孤食を防ぐために気軽に来て。一人暮らしやお年寄りなど料理を作るのが大変な人も食べてほしい」と話す。

 母と弟と来店した郡司こはるちゃん(7)は「チラシを見て、来てみたかった。カレーのお肉とじゃがいもが美味しい」と姉弟仲良くカレーを食べていた。

 中学生までの子どもは100円、大人300円、65歳以上の高齢者は200円で利用できる。毎月第2・4火曜日の午後5時半〜7時半に開店する。

平塚市選挙管理委員会

衆議院議員総選挙の投票日は10月31日です。期日前投票もご活用ください。

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/senkyo/index.html

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6

海のごみ問題を知る

海のごみ問題を知る 社会

市民団体らが検証

10月21日号

新米を100人に

新米を100人に 文化

24日「朝市」

10月21日号

海街フェス開催

海街フェス開催 文化

自然素材の工作も

10月21日号

福祉ボラスクール

福祉ボラスクール 社会

参加者募集中

10月21日号

不登校の不安を共有

不登校の不安を共有 教育

保護者向け談話開催

10月21日号

着物リメイク「ちくちく展」

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook