平塚版 掲載号:2020年9月24日号 エリアトップへ

平塚市 タブレットで簡単検査 認知症の早期発見に期待

社会

掲載号:2020年9月24日号

  • LINE
  • hatena
今回導入された検査機器
今回導入された検査機器

 認知症の早期発見につなげようと、平塚市はタブレットを活用した簡易認知機能検査を9月23日から開始した。市内13カ所にある高齢者よろず相談センターで利用することができる(各センターに要予約)。

 鳥取大学の浦上克哉教授が考案した「物忘れ相談プログラム」で検査。ゲーム感覚で手軽に参加でき、5分ほどで認知機能の検査が可能という。その場で診断結果を確認することができる。認知機能の低下が認められた場合は、次のステップとして「TDASプログラム」の検査受け、その結果によって認知症予防教室など様々な予防プログラムを紹介する。

 市の担当者は「認知症を早期発見して適切な支援につなげていきたい」と話す。1センターにつき年間60件の利用を目指すとしている。これまで市は神奈川県が実施しているiPadを利用した認知機能検査を2年ほど活用していた。

 市によると、今年3月現在、市内に認知症の疑いがある人は約1万人。そのうち日常生活に支障をきたす人は約6800人いるという。

平塚版のローカルニュース最新6

考古学者・森照吉を辿る

考古学者・森照吉を辿る 文化

金目公民館で回顧展

10月29日号

最大20万円を割引

県の産業支援

最大20万円を割引 経済

日産の自動車など対象

10月29日号

通信課程で入学式

SBC

通信課程で入学式 教育

美容科新設も

10月29日号

カワラノギクでお花見

カワラノギクでお花見 文化

絶滅危惧種が見ごろ

10月29日号

デフ五輪まで「完全燃焼」

デフ五輪まで「完全燃焼」 スポーツ

難聴のスイマー茨さん

10月29日号

Go To Eatで集客力アップ

Go To Eatで集客力アップ 経済

効果的なプロモを紹介

10月29日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月29日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク