平塚版 掲載号:2020年9月24日号 エリアトップへ

平塚市 タブレットで簡単検査 認知症の早期発見に期待

社会

掲載号:2020年9月24日号

  • LINE
  • hatena
今回導入された検査機器
今回導入された検査機器

 認知症の早期発見につなげようと、平塚市はタブレットを活用した簡易認知機能検査を9月23日から開始した。市内13カ所にある高齢者よろず相談センターで利用することができる(各センターに要予約)。

 鳥取大学の浦上克哉教授が考案した「物忘れ相談プログラム」で検査。ゲーム感覚で手軽に参加でき、5分ほどで認知機能の検査が可能という。その場で診断結果を確認することができる。認知機能の低下が認められた場合は、次のステップとして「TDASプログラム」の検査受け、その結果によって認知症予防教室など様々な予防プログラムを紹介する。

 市の担当者は「認知症を早期発見して適切な支援につなげていきたい」と話す。1センターにつき年間60件の利用を目指すとしている。これまで市は神奈川県が実施しているiPadを利用した認知機能検査を2年ほど活用していた。

 市によると、今年3月現在、市内に認知症の疑いがある人は約1万人。そのうち日常生活に支障をきたす人は約6800人いるという。

平塚版のローカルニュース最新6

保護ねこを救って

にじのはし

保護ねこを救って 社会

クラファン実施中

5月13日号

ラグビーを楽しく

ラグビーを楽しく スポーツ

5月16日に無料体験会

5月13日号

小学生に人気の給食は?

小学生に人気の給食は? 教育

平塚市内3・4年生に調査

5月13日号

読み聞かせで心育む

読み聞かせで心育む 教育

19日 「おはなしの会」

5月13日号

やぎ島を探検しよう

やぎ島を探検しよう 社会

湘南いきもの楽校主催

5月13日号

市民の声 図書館に

市民の声 図書館に 文化

協議会委員を公募

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新 文化

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter