平塚版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

デフ五輪まで「完全燃焼」 難聴のスイマー茨さん

スポーツ

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena
「必ず浮上してみせます」と誓った
「必ず浮上してみせます」と誓った

 2021年にブラジルで開催される夏季デフリンピックまでおよそ1年に迫った。本大会への出場を目指す難聴のスイマーが平塚にいる。茨隆太郎さん(26)だ。

 茨さんは、昨年9月のジャパンパラ水泳競技大会の50mバタフライで25秒66の日本新を記録するなど、自身が「競技生活の集大成」と位置付けているデフ五輪へ順風満帆に見えたが、この一年はスランプ続きだった。

 デフ五輪への試金石として出場を目指していた今年4月の東京五輪選考会(中止)。200m個人メドレーの標準記録1分58秒30突破を目指してきたが、1分59秒70の自己記録は一向に更新できていない。日本新を樹立して以降、思うように縮まらない記録に焦りもあり「良い練習を積み上げられなかった」。昨年9月に結婚し「周囲から結婚して気が緩んだと言われるのも嫌だった」とも振り返る。

 スランプに追い打ちをかけたのが、新型コロナウイルス。今年4月から2カ月間、練習場として使用している母校・東海大のプールで泳ぐことができず、筋トレやランニングに時間を費やした。

 6月からは市民プールで泳ぎを再開。今もベストコンディションとはいえないが「納得の練習ができている」と手ごたえを感じ「辛抱強くやれば大丈夫」と良い意味で開き直れている。

 先天性感音性難聴とともに生まれ、2歳から水泳を始めた茨さん。「デフ五輪で金メダルを獲って引退」を掲げているが、来年の東京五輪選考会出場も狙っている。

 「完全燃焼したい」と茨さんは今日も水中で自身を追い込んでいる。

茨さんの力強い泳ぎ(昨年9月撮影)
茨さんの力強い泳ぎ(昨年9月撮影)

平塚版のローカルニュース最新6

ひらつか生き物だより

ひらつか生き物だより 教育

”小型のハヤブサ”チョウゲンボウ

3月4日号

みなとみらいで絵手紙展

【Web限定記事】

みなとみらいで絵手紙展 文化

平塚発祥の愛好グループが主催

3月4日号

横溝さんが表紙イラスト

【Web限定記事】ベルマーレ

横溝さんが表紙イラスト スポーツ

公式ハンドブック販売中

3月4日号

2月は前月比401人減

【Web限定記事】平塚市内コロナ感染者

2月は前月比401人減 社会

死亡者は2人増加

3月4日号

学生が手作りの「模擬挙式」

【Web限定記事】

学生が手作りの「模擬挙式」 教育

湘南ウェディング専門学校

3月4日号

姿勢改善で健康に

健康講座

姿勢改善で健康に 文化

3月10日・24日 商工会議所内で

3月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月4日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク