平塚版 掲載号:2021年2月11日号 エリアトップへ

豆まきは宮司のみ 平塚八幡宮で節分祭

文化

掲載号:2021年2月11日号

  • LINE
  • hatena
「鬼は外」の掛け声とともに勢いよく豆をまく宅野宮司
「鬼は外」の掛け声とともに勢いよく豆をまく宅野宮司

 浅間町の平塚八幡宮(宅野順彦宮司)で2日、毎年恒例の節分祭が執り行われた。今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、神事のみとなった。

 節分祭には神社関係者らおよそ20人が参列。一向は宅野宮司を先頭に祓戸でお払いをした後、御殿へ移動した。御殿では鬼やらい神事が斎行され、宅野宮司が「福は内、福は内」と力強く豆をまいた。その後、宅野宮司は境内に設置された桟敷台に上がり、境内に向かって「鬼は外、鬼は外」と豆をまいた。境内では参詣者らが宮司の姿をスマートフォンで撮影するなど熱い視線を送っていた。

 例年、平塚八幡宮の節分祭では、地元ゆかりの議員やスポーツ選手、七夕織り姫らが豆まきに訪れる。福を求めて神社に駆けつける地域住民らの数は1千人を超えるなど毎年大きな盛り上がりを見せていた。
 

平塚版のローカルニュース最新6

感染対策の一助へ

平塚法人会

感染対策の一助へ 社会

40周年で測定器寄贈

2月25日号

洋館にお雛様

ゆかりのバラ市川市へ

ゆかりのバラ市川市へ 文化

湘南平塚白秋の会が

2月25日号

糸から紡ぐ織作品を出展

糸から紡ぐ織作品を出展 文化

片岡在住 田中さん

2月25日号

平塚産の花PR

平塚産の花PR 文化

市役所にツリー設置

2月25日号

新型コロナの影響で縮小開催へ

【Web限定記事】2020年度「福祉会館まつり」

新型コロナの影響で縮小開催へ 文化

3月17日〜23日、展示部門のみ

2月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク