平塚版 掲載号:2021年4月1日号 エリアトップへ

(PR)

不動産、今が売り時 神奈川中央交通「不動産センター」に聞く

掲載号:2021年4月1日号

  • LINE
  • hatena

 緊急事態宣言は解除されたが、新型コロナによるテレワークといった出勤スタイルの変化など社会情勢の変化は、不動産取引にも影響を与えている。平塚市は東京都からの転入・転出のバランスが逆転し、都内から平塚市に移住する人が増加するなど注目度が上がっているという。神奈川中央交通・不動産センターの熊澤店長に話を聞いた。

コロナ禍が好機

 新型コロナウイルスの影響で、平塚市内の企業では目立たないが、都内の企業では、テレワークの導入が進んでいる。平塚市をはじめとする湘南エリアに都内から移住する人が増加しているという。「人気のエリアということが、不動産価格にも影響を与えます。湘南エリアは今が売り時といって良いでしょう」と熊澤店長。

 売る人にとって、さらに追い風になっているポイントもあるのだとか。「ようやく緊急事態宣言が解除されましたが、外出自粛の影響で不動産の売却件数が減少しています。つまり物件数が少ないため、需要と供給のバランスからみると、売却する人が圧倒的に有利な状況です」と話す。

人気の出張査定

 「コロナで外出が不安」という人に利用してもらいたいのが、同社の「不動産出張査定」だ。年間200件の依頼が舞い込む人気サービスで、電話一本で査定に応じてくれる。インターネットの机上査定と違い、宅建士が現地訪問し、間取りや周辺環境を確かめて実際の売却額に近い価格を提示してくれる。利用無料、無理な営業はないので安心して相談を。

よろず相談も好評

 今年100周年を迎える地元の優良企業。地域の身近な不動産相談所として「市民の?」に応える『不動産よろず相談』も受け付けている。個別の相談に随時対応してくれるとのこと。専門知識が豊富な宅建士が左表のような相談に乗ってくれるので頼もしい。

 また、ケースによって、税理士や司法書士など専門家と連携して解決に導いてくれる。「どこに相談すれば良いか分からない」という方こそ、利用してもらいたいサービスだ。

 このほか、相続SOS窓口もあり、空き家の相談も受け付けている。お気軽に左記の連絡先へ問い合わせを。

神奈川中央交通不動産センター

平塚市八重咲町6-18

TEL:0463-22-8888

https://www.kanachu-fudosan.jp/

平塚版のピックアップ(PR)最新6

マスク越しでも会話スッキリ

マスク越しでも会話スッキリ

「きこえ何でも相談」受付中(要予約)

4月8日号

納得の査定をお約束

新規オープン

納得の査定をお約束

おたからや西八幡店

4月8日号

「HACCP」対応 全面サポート

「HACCP」対応 全面サポート

(株)門倉組が専門ブランド設立

4月8日号

不動産、今が売り時

不動産、今が売り時

神奈川中央交通「不動産センター」に聞く

4月1日号

依然高値で取引中

依然高値で取引中

金売るなら駅北口の大黒屋

4月1日号

「ひらつか元気応援ポイント」

福祉活動で得たポイントを交付金や商品と交換

「ひらつか元気応援ポイント」

次回説明会は4月9日 参加者募集

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新 社会

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク