平塚版 掲載号:2021年4月22日号 エリアトップへ

4月1日付で平塚市病院事業管理者(平塚市民病院)に就任した 石原 淳さん 南原在勤 66歳

掲載号:2021年4月22日号

  • LINE
  • hatena

チーム医療で地域守る

 ○…病院事業管理者とは、地方公共団体において、病院事業を経営する特別職。新型コロナの影響でスピード感を持った対応が迫られる中、高度急性期や周産期をはじめとする患者の受け入れを両立させるためには地域連携が不可欠だ。医師として現場に立ちながら、公立病院として地域医療全体の質を向上させる取り組みを強化しつつ、「病院の健全経営に向けてまい進したい」と意気込む。

 ○…島根県出身。両親とも開業医の家庭で、医師になるのは自身にとって自然な流れだった。上京し、慶応大学の医学部に入学。実習で出会った小児科の医師の「医業とは手術の技量だけでなく人と誠実に接することが大事」との姿勢に感銘を受け、もともと関心のあった心臓などの循環器系医療の中でも、内科ではなく小児科を志すようになった。

 ○…実際に現場に配属されてからは、当時はそれほど浸透していなかった”チーム医療”の大切さを痛感することになる。心臓の治療は小児科による診断と、外科の手術の両輪で進む。多いときは毎日のように科をまたいでミーティングを重ねた。「チーム医療は今では看護師や介護士など他職種との連携を指すが、その原点が今も体に染みついている」。

 ○…小児科では大人と違って、先天性の心臓構造異常などを扱うことが多い。2008年北京五輪女子ソフトボールの金メダリスト・西山麗選手もその一人だ。先天性の病気で激しい運動ができなかった彼女は、中学時代に手術を乗り越え、臓器移植を行った日本唯一の金メダリストとなった。母親となった西山選手とは、今でも遠征の前などの診察で顔を合わせる。「子どもの頃から診てる分、感慨深いね」と目尻に皺を寄せた。

平塚版の人物風土記最新6

高久 榮二さん

製パン業の発展に尽力したとして県民功労者表彰を受賞した

高久 榮二さん

宝町在住 80歳

6月30日号

薬丸 達也さん

6月から平塚安全運転管理者会の会長に就任した

薬丸 達也さん

横内在住 54歳

6月23日号

川島 詠子さん

4月27日に画集を出版したトールペイント画家

川島 詠子さん

万田出身 51歳

6月16日号

内田 恭子さん

七ふく茶のパッケージ、御朱印掛け軸のデザインを手掛けた

内田 恭子さん

千石河岸在住 49歳

6月9日号

行谷(なめがや) 梓さん

出荷のピークを迎えた種なしピーマンの栽培を行う

行谷(なめがや) 梓さん

根坂間在住 27歳

6月2日号

山下 三郎さん

株式会社PURE FARMで食肉の加工製造をする

山下 三郎さん

城所在勤 39歳

5月26日号

平塚市選挙管理委員会

参議院議員選挙の投票日は7月10日です。期日前投票もご活用ください。

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/senkyo/index.html

コロナワクチン接種のお知らせ

7月の4回目集団接種は7会場で実施予定です。詳しくは市ウェブで。

https://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/kenko/vaccine.html

ラスカシーサイドバーゲン

6/24~7/17まで開催!便利な配送サービスも!

https://www.lusca.co.jp/hiratsuka/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook