平塚版 掲載号:2021年5月20日号 エリアトップへ

子育て世代へ ママ目線で防災伝えたい 平塚市×ママプラグ

社会

掲載号:2021年5月20日号

  • LINE
  • hatena
(写真上)宮丸さん(中央)と市防災対策課の職員、(同右下)防災ピクニックの様子、(同左下)防災情報講座の様子
(写真上)宮丸さん(中央)と市防災対策課の職員、(同右下)防災ピクニックの様子、(同左下)防災情報講座の様子

 東日本大震災時の被災地支援活動をきっかけに、誰もが「自ら考え、自ら行動する」ためのアクティブ防災事業を展開するNPO法人ママプラグ(東京都渋谷区)。平成30年度に平塚市が公募した市民提案型協働事業に応募し、令和元年度から市と協働で「親子防災事業」に取り組んでいる。

女性、子ども視点の防災

 具体的には、プレママ〜2歳まで、3歳〜12歳までの子どもをもつ保護者のための防災情報講座と、市内を歩いて学ぶ防災ピクニックセミナーなどを実施。湘南エリアを担当する宮丸みゆきさんは、「我が家では何が必要なのか、オリジナルの防災を考えてほしい」と、子育て世代への防災の重要性を説く。東日本大震災時、宮丸さん自身は1歳、3歳、6歳の子育て中だったこともあり被災地には行けないため、「当時の活動拠点だった川崎に避難してきた母子の支援はできないか」、とママプラグでの防災事業をスタート。被災者から話を聞く中で、「女性視点、子ども視点の防災がなかった」と振り返る。そして、それらの話をまとめた本を出版した。

ママ目線で伝えたい

 同協働事業は今年度で3年目を迎えた。市災害対策課の小林豪担当長は、「妊産婦や小さい子どもがいる家庭への防災は、手が伸びなかった分野。ママプラグの力を借りることで専門的な知識も得られ、小さい子どもがいる家庭への防災意識の啓発につながっている」と話す。宮丸さんも「私たちが主催することで、同じ目線で話ができるので身近に感じてもらえるし、ママたちも参加しやすくなると思う。この事業を通して自治体と家族がもっと近くなれば」と話す。

 防災セミナーの参加者は、これまで延べ290人にのぼる。宮丸さんは「難しく考えずに、日常生活に防災視点を取り入れてほしい。普段から有事の際に強い生活にしていくことが大切」と語った。

創業1951年、老舗のお餅

お雑煮や鍋の具に、さっと焼いて好みの味で。オンライン販売あり。

https://www.navida.ne.jp/snavi/100577_1.html

横浜幸銀信用組合平塚支店

平塚支店12月6日、平塚駅北口ロータリーに移転オープン

https://www.yokohamakougin.co.jp/

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6

オリベイラ選手が死去

駅周辺で一斉啓発

駅周辺で一斉啓発 社会

「交番の日」ちなみ

12月2日号

自転車事故気を付けて

自転車事故気を付けて 社会

マナーアップキャンペーン実施

12月2日号

平塚題材のイラスト募集

平塚題材のイラスト募集 文化

新ホール開館で使用

12月2日号

11月はゼロ達成

11月はゼロ達成 社会

新型コロナの市内陽性者

12月2日号

姿勢改善で健康に

健康講座

姿勢改善で健康に 文化

12月8・13日 商工会議所内で

12月2日号

MADOショップ平塚真土店

省エネ・結露・防音・防犯にあったか「内窓」はいかが

http://kobayashikenso.co.jp

横浜幸銀信用組合平塚支店

平塚支店12月6日、平塚駅北口ロータリーに移転オープン

https://www.yokohamakougin.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook