神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
平塚版 公開:2021年9月30日 エリアトップへ

「はるみ」上々の出来 収穫作業10月中旬まで

社会

公開:2021年9月30日

  • X
  • LINE
  • hatena

 神奈川県内1位の米の栽培面積を誇る水田地帯–平塚市。平塚生まれの米「はるみ」が収穫シーズンを迎え、9月21日には、市内小鍋島にある大庭健一さん(45)の田んぼで収穫作業が行われた=写真。

 「はるみ」は、コシヒカリとキヌヒカリを掛け合わせた品種で、JA全農営農・技術センターが開発。ツヤと甘みのある品種で、冷めてもおいしいという。

 大庭さんは「今年は、台風や猛暑、タニシの影響も受けることなく、ここ2、3年の中では一番の出来」と胸を張る。また「米離れが進んでいるが、地産地消でぜひ、はるみを食べてほしい」と話す。

 収穫は10月中旬ごろまで行われる予定。2021年産米は、JA大型農産物直売所「あさつゆ広場」などで、10月8日(金)から販売される。
 

平塚版のローカルニュース最新6

市民団体の歌声響く

市民団体の歌声響く

3月17日 中央公民館

3月2日

車でデイキャンプ

車でデイキャンプ

びわ青少年の家で参加募集

3月1日

夢絵コンテストで優秀賞

夢絵コンテストで優秀賞

港小4年 芳賀安里さん

2月29日

市選管に新人着任?

市選管に新人着任?

啓発キャラ、事務局に「着席」

2月29日

神奈川の魅力 自転車で

神奈川の魅力 自転車で

メディア向けツアーに19人

2月29日

織り姫などが火災予防PR

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年3月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook