平塚版 掲載号:2021年12月23日号 エリアトップへ

平塚駅周辺 ムクドリ対応に苦戦 騒音、糞害に利用者困惑

社会

掲載号:2021年12月23日号

  • LINE
  • hatena
平塚駅北口の空を覆うムクドリの群れ
平塚駅北口の空を覆うムクドリの群れ

 平塚駅周辺で夕暮れ時に群れをなすムクドリ。鳴き声による騒音、ムクドリの留まる木の下が糞で白く汚れる等被害が出ている。平塚市は手を変えて対策を打つも、その効果は一時的であり、対応に試行錯誤している。

 バス利用客からは「鳴き声が大きいので、はじめは何の音かわからず驚いた。これだけ多いと被害としては糞害が一番心配。タクシー乗り場等人の行き交いが多い場所は特に対策してほしい」との声が寄せられた。

 市道路管理課によると、駅周辺のムクドリは春から秋にかけて南口に、秋から春にかけて北口に集まる傾向がある。現在、木の剪定と、街路樹へのネット張り、鳥の嫌う音を発する駆除装置で対策している。

 ムクドリは夜、周囲が明るく身を隠せる場所で眠る習性があるため、葉のある木には特に集まりやすい。今季も、ムクドリは駅北口でMNビルの屋上付近に集まり、バスロータリー周辺の木、特にターミナル中央のクスノキには大量に群がっている様子が見られた。

 同課は現状の対策について「木の剪定は毎年やっているが、葉を全て落とすのは景観的に良くない。ネットを張るのも木の成長を妨げないためと、台風で飛ばされる危険性を避けるため春には外す。こうした対策との両立が難しい」と話す。

対策打つも効果は一時的

 昨年、市は新たな対策として、ムクドリの天敵であるフクロウの模型を木に設置した。一時効果があったが、現在は当初の様子に戻ってしまった。「手を変えても慣れてしまい、いたちごっこになってしまう」と担当課は頭を悩ませる。

 同課は「今までもインターネットで駆除方法を調べ、実践できるものから試してきた。現状の対策を継続し、新しい方法を模索していきたい」と話した。

平塚版のトップニュース最新6

小林君が2年連続V

アマゴルフ高校生の部

小林君が2年連続V スポーツ

上級生との接戦制す

5月26日号

ごみ収集車の火災多発

ごみ収集車の火災多発 社会

今年度4件、ともに不燃物

5月26日号

殺処分ゼロを継続

県動物愛護センター

殺処分ゼロを継続 社会

犬は9年、猫は8年連続

5月19日号

100年前の掛け軸発見

岡崎在住佐藤さん

100年前の掛け軸発見 文化

再表装し岡崎神社へ寄贈

5月19日号

農業体験で自立支援

NPO法人ぜんしん

農業体験で自立支援 社会

ひきこもり・不登校改善へ

5月12日号

景況指数4期ぶり悪化

平塚信金景気調査

景況指数4期ぶり悪化 経済

小売業況が大幅下落

5月12日号

ひらつか☆スターライトポイント

平塚市民限定20%プレミアム付き!締切間近!24日まで申し込み

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/sangyo/page33_00078.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook