平塚版 掲載号:2022年1月27日号 エリアトップへ

県政報告 全国初の県営水道の将来 県議会議員 森正明(自民党)

掲載号:2022年1月27日号

  • LINE
  • hatena

 昨年12月に行われた神奈川県議会第3回定例会にて、神奈川県営水道事業審議会の設置等に関する条例が可決されました。この審議会では、今後厳しさが増す経営状況に対応するための施設整備のあり方、水道料金の体系や水準について審議されます。そこで、県営水道のあらましと今後の課題について、考えてみたいと思います。

都道府県営の先駆け

 湘南地方は早くから発展し、水道の需要も増加しました。水道事業は水道法により市町村が経営することが原則とされていますが、湘南地方の市町村は技術的にも財政的にも単独で水道事業を行う事が困難であったことから、県営による事業実施の強い要望がありました。そこで神奈川県は、昭和8年に全国初の県営による広域水道を創設。給水区域は西は大磯町や平塚市、東は葉山町や逗子町に至る1市9町でした(当時)。周辺地域を次々に編入し、現在では12市6町の283万人に給水する全国でも有数の規模の水道事業となっています。

水需要の増減と努力

 高度経済成長期を迎え神奈川県は急激に発展し、人口急増を支える水道事業も水源開発に追われました。一方、人口増加が一段落し、節水機器が普及すると水使用量は徐々に減少してきます。水道施設の耐震化や老朽施設の更新などが喫緊の課題ですが、料金収入が増えない中で賄うことが徐々に難しくなってきてしまいます。

 県営水道は出来る限り料金値上げを避けるために、業務の委託化や組織再編による職員の削減など、様々な経営努力を行って、平成18年の料金改定以来、15年間値上げせずに事業運営しています。1カ月間の一般的な使用量である20㎥で水道料金を比較すると全国平均3241円より県営水道は2509円で大幅に安くなっています。

 また、職員一人当たりの営業収益や給水人口などの経営効率を表す指標は全国の大規模事業者で比較すると、いずれもトップクラスで非常に効率的な経営をしていると言えます。

これからの県営水道

 神奈川県でも遂に人口減少時代が到来しますので、水の使用量の減少傾向に拍車が掛ります。水道施設に関しては、大規模地震の発生の切迫性が年々高まる中で、これまで以上に耐震化を促進する必要があるほか、水道管路などの老朽化に対応して施設更新に一層取り組んでいかなくてはなりません。

 県営水道の使用者の皆さんに常に安定的に水道を供給するために、収入が減少する中で、施設整備をどのように行っていくべきなのか。また、財源をどのように確保していくことが望ましいのか。これからの県営水道のあり方を30年程度の長期を見据えて検討していく必要があります。

■企画・制作/森正明事務所【電話】0463・21・8655【FAX】20・2002【URL】www.morimasaaki.net

創設当時の水道営業所(湘南)
創設当時の水道営業所(湘南)

森正明

平塚市八重咲町26-8

TEL:0463-21-8655

http://www.morimasaaki.net/

ひらつか☆スターライトポイント

平塚市民限定20%プレミアム付き!締切間近!24日まで申し込み

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/sangyo/page33_00078.html

<PR>

平塚版の意見広告・議会報告最新6

第一回定例会一般質問より

県政報告

第一回定例会一般質問より

神奈川県議会議員 藤井しんすけ(公明党)

4月14日号

自転車事故は県内最多

県政報告

自転車事故は県内最多

神奈川県議会議員 米村かずひこ

3月31日号

さらに、選ばれるまち平塚へ

意見広告

さらに、選ばれるまち平塚へ

平塚市議会 清風クラブ×衆議院議員 河野太郎清風クラブ

3月31日号

クロスボーティングする議会へ

意見広告

クロスボーティングする議会へ

市議会議員 府川まさる

3月24日号

大神に駅がなければツインシティーではない

意見広告

大神に駅がなければツインシティーではない

市議会議員 府川まさる

3月3日号

樹林は命を守ります

環境保全を考える議員有志の会 市政報告

樹林は命を守ります

2月3日号

ひらしん平塚文化芸術ホール

和洋折衷を融合させた竜馬四重奏が平塚初上陸!6月8日18時30分開演

https://hiratsuka.hall-info.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook