神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
平塚版 公開:2024年5月16日 エリアトップへ

看護週間インタビュー 現場の声 大切に 平塚共済病院看護部長 前田佳美さん

教育

公開:2024年5月16日

  • X
  • LINE
  • hatena
指導にあたる前田看護部長
指導にあたる前田看護部長

 ナイチンゲールの誕生日にちなみ、5月12日に制定された「看護の日」。12日を含む週の日曜日から土曜日までが「看護週間」と定められており、今年は12日〜18日にあたる。4月に平塚共済病院(追分)の看護部長に就任した前田佳美さんに、看護師育成について話を聞いた。

 同院で勤務する430人の看護師を束ねる。「自分らしく看護部長を務めるには、病棟に足を運び現場ナースの声を大切にしたい。働きやすい職場作りを心がけています」と笑顔で話す。

 1998年に入職し、脳神経外科や循環器内科などさまざまな診療科を経験。その中でも忘れられない出来事があるという。「急性胆のう炎で亡くなった患者さんがいて。自分がもっと大きく言葉を発していれば、観察する力があればと今でも後悔しています」。その経験から、丁寧な観察と少しの変化でも報告する姿勢を、後輩ナースに伝えている。

「学びの継続」願い

 昨年までは教育担当室で、看護学生の実習をはじめ、師長や認定看護師など立場の異なる先輩看護師が後輩に経験を伝える取り組みを行うなど、教育体制を整えてきた。「できる限り看護師として働き続けられる職場にしたい。看護師は専門職なので、学び続けてほしいという思いもある」と強い眼差し。

 コロナ禍も脱し、今後は地域全体に目を向けていきたいという。同院は地域医療支援病院としての機能も持つため、「看護師がコーディネーター役となり、訪問看護ステーションなどの看護師と連携を図っていければ」と話す。

 「時代は変わっても看護の質は変わらない。入院中の患者さんにとっては病棟が生活の場となるので、患者さんの根底にあるニーズを適切に捉えることが大切」。看護師としてのあるべき姿を、自身も追求している。

平塚版のローカルニュース最新6

女性の自己実現を応援

平塚市

女性の自己実現を応援

セミナー参加者を募集

6月18日

アウトレットで防災学ぶ

アウトレットで防災学ぶ

23日 消防車の展示も

6月17日

クラファンで七夕応援

クラファンで七夕応援

返礼品 飾り作り体験など

6月16日

福祉事業所、夏の即売会

福祉事業所、夏の即売会

好評のミニ七夕飾りも

6月14日

暑さに負けず育って

暑さに負けず育って

平塚市内で田植えピーク

6月13日

サン・ライフの合同供養祭

サン・ライフの合同供養祭

県内及び八王子の4会場で

6月13日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook