大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年11月22日号 エリアトップへ

伊勢神宮初穂奉献と奉祝神輿渡御を行った、川勾神社神輿保存会の会長を務める 平井 英雄さん 二宮町山西在住 62歳

掲載号:2019年11月22日号

  • LINE
  • hatena

伝統文化の継承支える

 ○…伊勢神宮へ新穀を奉納する初穂奉献と、新しい天皇陛下の即位を奉祝する神輿渡御を、二宮町の川勾神社と同神社神輿保存会で10月27日に実施した。前日には二見興玉神社周辺を神輿渡御。神社役員と保存会から総勢約160人が参加して大役を務めた。初穂奉献が決定したのは3年前。「その後から御代替わりの様々なことが発表されて。令和を迎えた記念の年に、無事にやり遂げることができた」と安堵の笑顔を浮かべる。

 ○…米俵を先頭に、宇治橋まで伊勢おはらい町の通り800mを大神輿が練り歩く。折しも即位礼正殿の儀が5日前に行われたばかり。神輿に遭遇した、お伊勢参りの人々の祝賀ムードをさらに盛り上げた。「大勢の観光客が喜んでくれて、とても嬉しかった」。この日のために現地を何度も下見し、商店街や町内会などの関係先と「誠心誠意」交渉を重ねた。「最後は『任せてください』と言ってもらえた。現地の神輿会が木遣り唄をうたい、見物客の整理などもしてくれた。多くの方の協力があったおかげ。本当に有難いこと」

 ○…二宮町出身。町内11地区の神輿会と二つの愛好会から成る保存会の七代目会長。会員は約1500人。地区では昭和会顧問、愛好団体・飛龍会の相談役も務める。神輿の魅力は「同じ空気を吸い、一体感や連帯感を得られるところ」。神輿についた四つの鈴が調子を揃えてシャンシャンと鳴るのが理想の担ぎ方だそうで、「伊勢での渡御では全ての鈴がずっと鳴り続けた。感激だった」と興奮を熱く語る。

 ○…5月の相模国府祭と10月の例大祭に登場する川勾神社の神輿。「豪華な彫刻と彩色の美しさから『動く陽明門』と例えられる。地域の伝統文化を守っていく」。力強い言葉にも貫禄が宿る。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

大沢 知明さん

昨年9月から平塚市倫理法人会の6代目会長を務める

大沢 知明さん

平塚市在住 40歳

2月19日号

石野 好胤(よしたね)さん

湘南蘭友会会長、西湘蘭展実行委員会の事務局を務める

石野 好胤(よしたね)さん

小田原市在住 76歳

1月22日号

小澤 敦史さん

大磯・二宮・平塚の若手経済人が集まる平塚青年会議所63代理事長の

小澤 敦史さん

平塚市在住 38歳

1月8日号

瀬戸 淳一さん

中井町など県西2市8町を管内とする小田原小売酒販組合・酒販協同組合の理事長を務める

瀬戸 淳一さん

南足柄市在住 67歳

12月18日号

野谷 富雄さん

原木しいたけの栽培を60年以上続けている

野谷 富雄さん

二宮町山西在住 90歳

12月11日号

木村 代紀さん

大磯の湘南ギャラリーえんで個展を開催する

木村 代紀さん

二宮町在住 77歳

12月4日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク