大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年12月11日号 エリアトップへ

原木しいたけの栽培を60年以上続けている 野谷 富雄さん 二宮町山西在住 90歳

掲載号:2020年12月11日号

  • LINE
  • hatena

厳しく愛情持って育てる

 ○…戦後、農業用ビニールが出たと知り、キュウリやトマトのハウス栽培を始めた。しかし、すぐに疑問が生じた。虫が喰った野菜を食べれば安心なのに、世の奥様方は見た目がきれいな野菜を選ぶ。「消毒をしないですむ農作物」を求め、たどり着いたのが原木しいたけ。昭和33年から栽培方法の研究に取り組み、種菌の開拓や栽培の普及・指導にも力を注いできた。

 ○…「原木しいたけにとって一番の薬は刺激。木を落としたり、水槽の水に浸けたりして、眠っていた菌がぱっと目を覚ます」。しいたけ生産量の95%は菌床栽培。輸送費をかけて岩手からコナラの木を取り寄せ、重労働で管理に気を抜けない原木栽培だが、「やめようとは思わない。木の養分を取って硬い皮から芽が出てくるのだからすごい力。そりゃ、味が違う」とにんまり。

 ○…昭和5年、二宮町で農家の長男に生まれた。温厚で人に慕われた父。母と母方の祖母は「おっかないけれど愛情深い人だった」と振り返る。働き者で曲がったことが嫌いな両親らの血を受け継いだ。小学校高学年のころから勤労奉仕に明け暮れ、防空壕掘りや学校の田んぼ作り、男手がなくなった他家の農作業を手伝った。二宮小学校で急降下した米軍機に襲われたときの恐ろしさは今でも忘れない。

 ○…県林業協会の副会長を務め、全国植樹祭に3度参加した。二人三脚でしいたけを作り続けた妻を介護し、炊事もこなす。組合やPTAなどの役員を引き受けて家を留守にしたことが多く、妻には感謝。よく噛んで少食、しいたけ栽培が元気の秘訣。長年、山西小学校の農業体験学習に協力し、子どもたちからのお礼の手紙や寄せ書きの束は宝物だ。「歳を取ったら、ゆっくり読みます」

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

石川 秀隆さん

大磯の湘南ギャラリーえんで「老梅焼」の陶芸展を開く

石川 秀隆さん

山梨県道志村に工房 73歳

4月16日号

渋谷 武美さん

大磯町で彫刻の個展を開催している

渋谷 武美さん

小田原市在住 80歳

4月9日号

オダギリ ミホさん

里山歩きマップを制作し、まちづくり基本計画のイラストも担当した

オダギリ ミホさん

大磯町在住

4月2日号

蓮見 康二さん

2月にJR平塚駅と大磯駅の駅長に就任した

蓮見 康二さん

東京都在住 52歳

3月26日号

笹崎 浩孝さん

大磯・二宮など3市2町を管轄する平塚税務署の第75代署長を務める

笹崎 浩孝さん

横浜市在住 60歳

3月19日号

田中 貴規さん

2020年・21年度平塚逸品研究会の会長を務める

田中 貴規さん

平塚市在住 37歳

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter