小田原版 掲載号:2012年3月31日号

停滞から飛躍へ【6】 寄 稿

不可解な退職手当引き上げ

大野しんいち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 市職員の退職手当引上げの報告が議会になされたのは、2月22日。驚愕の事実に議会は騒然となった。

議会の同意は不要

 さらに驚いたことは、引上げには、議会の承認が不要で市長の判断で執行されてしまうということだった。

国は減額を勧告

 3月8日の朝日新聞によれば、人事院は公務員の退職金引下げを求める見解を政府に提出し、国は、12年度中に引き下げの法案を提出する予定だ。このような状況の中での引上げである。

開いた口が塞がらない

 3月24日発行のタウンニュースへの市長の寄稿を読んで驚きを通り越してしまった。文字通り開いた口が塞がらないとはこのことだ。市長いわく「今回の職員手当等の見直し全体では、大幅な削減になります。」その理由として退職金を他市同等に引上げ、地域手当を職員全体で2億円減額したことを挙げている。一見、努力しているように思えるが、決してそうではない。

地域手当、約3億円余分

 退職金は、世間一般と比べなければならない。他の市は、世間より高いかどうか精査したのか。また、2億円の減額は、地域手当を10%から7%に引き下げによるものだ。しかし、本来、小田原市の公務員が受け取るべき地域手当は、国の基準で3%である。つまり、4%も理由のない手当が職員に支給されていることになる。市長は、まだまだ、3億円弱、無駄使いしていることになる。

南足柄は0、国は減額へ

 南足柄市は、地域手当10%から0へ、国は現在、減額の方針。小田原勤務は0になると聞いている。行政の中枢にいる市長が知らないはずがない。そのような状況での見解である。市民をどのように考えているのだろうか。

手当は血税から支払う

 退職手当も地域手当も、その原資は、市民の尊い血税であることを決して忘れてはならない。為政者の最低限の資格だ。
 

大野しんいち

神奈川県小田原市中曽根305

TEL:0465-39-3939

http://www.oono-shinichi.jp

〜新しい小田原へ〜

再び20万人都市を目指します!

http://ookawayutaka.jp/

<PR>

小田原版の意見広告・議会報告最新6件

住友林業の建築条件付宅地分譲 

1600万円台~ 「フォレストリータウン開成町」

http://sfc.jp/

〜新しい小田原へ〜

再び20万人都市を目指します!

http://ookawayutaka.jp/

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

連休は映画『金次郎』

読プレ

連休は映画『金次郎』

市民会館5月3日・5日

5月3日~8月10日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク