本日開催「レッツ朗読フェスティバル」を主催する小田原文学サロンの実行委員長を務める 馬見塚(まみづか) 昭久さん 小田原短期大学講師 54歳

掲載号:2016年3月26日号

  • LINE
  • hatena

透明感をまとう人

 ○…文学を愛する人に悪者はいないと、勝手に思っている。柔らかな口調で、時にじっくり言葉を選びながら話す様子は”何色にも染まる”印象。有識者たちが集まる文学サロンは、文学を媒介に小田原の活性化と、文学そのものの隆盛を願って発足した。原体験は生まれ育った鎌倉の田園風景だが、母の実家がある早川での思い出もまた、活動への参加に深く影響している。幼い頃、長期休暇のたびに訪れた小田原の自然は、いつも自分を包んでくれた。今でも時おり、耳の底に蘇る波音。「小田原は第二の故郷」とほほ笑んだ。

 ○…「数学が苦手だったんです」と浮かべた照れ笑いに、親しみを抱く。大学卒業後、一度はサラリーマンになったが教育の道への思いは深く、通信制度で初等科の教員免許を取得した。最初の教え子は茅ヶ崎小学校の4年生。心と心のつながりや、力を合わせる素晴らしさを伝えることに必死だった当時を、「いま思えば至らぬ点ばかり」と少々厳しい自己評価。小学校時代の恩師が贈ってくれた短歌を座右の銘とし、自身も教え子に伝えてきた。「越えなばと思いし峰に来てみれば なお行く先は山路なりけり」。字を間違ってはいけないからと、取材ノートに師の名前と共に几帳面な字で愛おしそうに書きこんでくれた。

 ○…ファンタジーや怪奇など、朗読フェスティバルで取り上げる作品のテーマに「不思議」を選んだのは、それらに対する謙虚さが失われつつある現代への警鐘。「世の中割り切れることばかりじゃない。目に見え、表現しきれることばかりでもない」。幼い頃に両親が買ってくれた本の中でもとりわけ好きだったのが、世界の交通や地理を写真入りで解説した図鑑。裏表紙に描かれた未来都市に、少年は夢を抱いた。「そこにはね、『21世紀には素晴らしい社会がやってくる。そこで活躍するのは君たちだ』と」。子どもたちに語れる、明るい文化を創り伝えたい。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

丸塚 正子さん

小田原足柄納税貯蓄組合連合会初の女性会長に就任した

丸塚 正子さん

湯河原町在住 72歳

6月19日号

永井 等さん

町立湯河原美術館で10年ぶりに絵画展を開催している

永井 等さん

湯河原町在住 53歳

6月12日号

大川 裕(ゆたか)さん

小田原市議会第64代議長に就任した

大川 裕(ゆたか)さん

小田原市扇町在住 56歳

6月5日号

佐藤 静さん

「minaka dayマルシェ」の実行委員として、中心的な役割を務める

佐藤 静さん

小田原市出身 39歳

5月29日号

皆木孝行さん

岩ガキ「鶴宝」の養殖事業を手掛ける(株)岩ガキBASE代表取締役

皆木孝行さん

真鶴町在住 39歳

5月22日号

菅井 達司さん

AKB48などに楽曲を提供する作曲家で、4月に小田原で音楽教室を開校した

菅井 達司さん

湯河原町在住 43歳

5月15日号

瀬戸建設 SDGs宣言

住み続けたくなるまちづくりに貢献するため、SDGsの達成に尽力します。

http://www.setoken.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter