開局10年目を迎えたFM小田原の最長寿番組「モーニングガーデン」でパーソナリティを務める 牧 いずみさん 市内鴨宮在住

掲載号:2016年4月2日号

  • LINE
  • hatena

自転車で届ける朝の声

 ○…野鳥のさえずりや道端に咲く花など、早朝に自転車でスタジオに向かう道すがら感じた季節の移ろいを放送に織り交ぜる。朝の番組ならではのこだわりは、新鮮な空気感を伝えること。「天気や季節の受け止め方も人さまざま。偏らないようにするのは難しい」。番組開始から2300回以上の放送をこなすベテランも、誰もが心地よく聴ける内容に毎朝頭を悩ませる。

 ○…中学生の頃、「有名人に会える」と夢を抱いた芸能レポーターの道。語学の専門学校へ通い、卒業後は大好きな英語を活かした仕事に就いたが、たまたま目にした小田原ケーブルテレビ(現ジェイコム小田原)の求人広告に胸が高鳴った。小柄ながら、「気持ちとタイミングが合えばすぐにやる性質」という行動派で、早速応募すると番組制作スタッフとして採用された。念願のレポーターだけでなく、カメラマン、編集、ナレーションまでこなす仕事。街を駆け回り、多くの人と出会うなか、故郷の小田原の魅力を改めて知るきっかけになった。忙しくも充実した日々を過ごして7年、「やりきった」と退職。他業界で働くなか、メディアの仕事の楽しさを改めて実感、開局を控えたFM小田原に新天地を求めた。

 ○…10年程前、機会があって富士登山に出かけて以来、山にはまった。「自然なんて興味がなかったけれど、山で汗をかくと日常の嫌なこともスッキリできるから」。岩場や鎖場の多い槍ヶ岳は「本当にこわかった」と肩をすくめる少女っぽさが魅力のひとつだ。

 ○…「同じ時間に、同じリズムの声が聞こえる。これが日常なんですね」。東日本大震災で世間が慌ただしいなか、あるリスナーから届いたメールが心に残る。ちょうど仕事への慣れと同時に、番組がマンネリ化していないかと不安だった時期。「変わらないことも大切なのだと教えられたんです」。リスナーに変わらぬ声を届けるため、今日もスタジオに自転車を走らせる。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

丸塚 正子さん

小田原足柄納税貯蓄組合連合会初の女性会長に就任した

丸塚 正子さん

湯河原町在住 72歳

6月19日号

永井 等さん

町立湯河原美術館で10年ぶりに絵画展を開催している

永井 等さん

湯河原町在住 53歳

6月12日号

大川 裕(ゆたか)さん

小田原市議会第64代議長に就任した

大川 裕(ゆたか)さん

小田原市扇町在住 56歳

6月5日号

佐藤 静さん

「minaka dayマルシェ」の実行委員として、中心的な役割を務める

佐藤 静さん

小田原市出身 39歳

5月29日号

皆木孝行さん

岩ガキ「鶴宝」の養殖事業を手掛ける(株)岩ガキBASE代表取締役

皆木孝行さん

真鶴町在住 39歳

5月22日号

菅井 達司さん

AKB48などに楽曲を提供する作曲家で、4月に小田原で音楽教室を開校した

菅井 達司さん

湯河原町在住 43歳

5月15日号

瀬戸建設 SDGs宣言

住み続けたくなるまちづくりに貢献するため、SDGsの達成に尽力します。

http://www.setoken.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter