5月27日付けで、第36代小田原林青会会長に就任した 大山 哲生(のりお)さん 市内扇町在住 38歳

掲載号:2016年6月11日号

  • LINE
  • hatena

紅顔の少年 刻んだ年輪

 ○…小田原地区木材業協同組合の若手団体で、舵取りを任された。現在会員は14人。森林・林業の活性化や公共施設の木質化へ向けた取組みに加え、生活に木を取り入れ、木に親しむ「木育」の推進を会則に掲げる。幼少時から知己の会員の個性を生かし、3人の副会長に、イベント・木育・渉外と専任性を持たせ、新たなスタートを切った。

 ○…小学校の壁に貼ってあったポスターに憧れ、相洋中学を受験。3年間在籍した生徒会では会長も務めた。少しも変わらない笑顔の脇に、深みと強さ、厚みをまとったこの人に、20年ぶりに取材先の製材所で再会したのは3年前。いつも校内を走りまわり、人の輪の中心で笑う、白いポロシャツと短パン姿の軟式テニス部時代の”先輩”がすぐに甦ってきた。

 ○…どこまで本気か測りかねるが「お肉が好き」で酪農学園大学の食品科学科に進学。枝肉からハムやソーセージを作る実習が終わると、嬉々として”戦利品”を持ち帰っていた。形が変化していく様子に、モノ作りの面白さを感じたのは、家業の製材に通ずるところがあったのかもしれない。

 ○…材木店の4代目。2度のサラリーマン生活を経験し、本格的に製材の道に入ったのは3年前だ。とはいえ小学校時分から出入りしていた父の仕事場。父やおじ、職工の仕事を目で見て体で覚えた。最近では製材所の見学で生業を知ってもらう機会が増えた。「木に生かされている」という思いと共に、木と人との関わり、恩恵を次の世代に伝える準備中だ。

 ○…高校時代に出会った妻との間に、3人の愛娘を授かった。大黒柱の毎日は、本業のほか木材普及イベントや全国各地への視察など、忙しい。楽しみは家族総出のスキーとボルダリング、そして読書。人の声も耳に入らないほど、集中して活字の世界にのめりこむ。押入れとトイレが私設の図書館。「家族も諦めてるんだけどね」と笑みを浮かべた。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

三宅 愛さん

東京オリ・パラ組織委員会アンチ・ドーピング課の一員として大会運営に関わった

三宅 愛さん

小田原市蓮正寺在住 36歳

9月18日号

石塚 秦雪山さん(本名:俊夫)

現代風のアレンジを加えた「ポップス尺八」の奏者として活動する

石塚 秦雪山さん(本名:俊夫)

(公社)日本尺八連盟所属師範 71歳

9月11日号

大石 時雄さん

小田原三の丸ホールの館長を務める

大石 時雄さん

小田原市荻窪在住 62歳

9月4日号

太田 憲さん

若手木工職人による「いぶき会」の会長を務める

太田 憲さん

小田原市板橋在住 42歳

8月28日号

野瀬 勝利さん

江之浦ダイビングサービス アクアランドを経営する

野瀬 勝利さん

南足柄市和田河原在住 49歳

8月21日号

安西 由充さん

(一社)小田原歯科医師会の会長に就任した

安西 由充さん

小田原市成田在住 53歳

8月14日号

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林の魅力 満喫する1日

小田原市いこいの森

森林の魅力 満喫する1日

10月2日(土)に人気イベント「きまつり」

10月2日~10月2日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook