法テラス小田原の支部長に就任した 剱持 京助さん 杉崎茂法律事務所勤務 54歳

掲載号:2016年6月18日号

  • LINE
  • hatena

内に秘める厚い人情

 ○…弁護士の大量増員時代を迎え、競争激化によりサービス業としての色合いも濃くなりつつある一方、依然として残る法律事務所の敷居の高さ。離婚や借金などの法的トラブルが近年増加傾向にあるなか、「法的総合案内の窓口となるのが法テラス。社会的弱者を救う存在として、役目を果たしたい」と支部長としての意気込みを語る。

 ○…「社会正義の実現や、自由業へのあこがれもあったけれど、何より人と向き合う仕事をしたかった」と弁護士を志し、法曹の道を歩んで24年目を迎える。かつて、「物事のシロクロをはっきりさせるイメージが強かった」という法廷の場。だが、現実には裁判の半数以上が和解で決着しているという。「狭い社会だから話し合いで解決できればベスト。和解とは、相手に信頼する部分を見つけられてこそ成り立つのです」と話す横顔が、どこか嬉しそう。依頼者に対する姿勢は、いつでも弁護士ではなく一人の人間として。謹厳実直な性格ゆえ、「つい耳が痛いことを言ってしまい、関係が少しギクシャクしてしまうことも」と苦笑い。真面目を絵に描いた印象だが、内面には人情味があふれる。

 ○…横浜市出身。小田原の弁護士事務所に勤務し、間もなく四半世紀。「海も山もあってのどかな環境」とこの地を気に入っているが、休日の過ごし方はもっぱら川の散策という。「酒匂川や金目川を下流からたどり、植物や生き物を観察する。外来魚だけでなく、本来は西日本にしか生息しない魚を発見することもあって。川ってあまり注目されないけれど、おもしろいですよ」と表情が和らぐ。

 ○…小田原支部が発足して10年目。「認知されてきたとはいえ、地域にはまだ助けを求めている人がいるはず」。50歳を過ぎてベテランの域に達してもなお、「守りに入りたくない」という自身同様、「初心を忘れず、常にまだできることはあるという発想をもっていたい」と前を向く。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

三宅 愛さん

東京オリ・パラ組織委員会アンチ・ドーピング課の一員として大会運営に関わった

三宅 愛さん

小田原市蓮正寺在住 36歳

9月18日号

石塚 秦雪山さん(本名:俊夫)

現代風のアレンジを加えた「ポップス尺八」の奏者として活動する

石塚 秦雪山さん(本名:俊夫)

(公社)日本尺八連盟所属師範 71歳

9月11日号

大石 時雄さん

小田原三の丸ホールの館長を務める

大石 時雄さん

小田原市荻窪在住 62歳

9月4日号

太田 憲さん

若手木工職人による「いぶき会」の会長を務める

太田 憲さん

小田原市板橋在住 42歳

8月28日号

野瀬 勝利さん

江之浦ダイビングサービス アクアランドを経営する

野瀬 勝利さん

南足柄市和田河原在住 49歳

8月21日号

安西 由充さん

(一社)小田原歯科医師会の会長に就任した

安西 由充さん

小田原市成田在住 53歳

8月14日号

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林の魅力 満喫する1日

小田原市いこいの森

森林の魅力 満喫する1日

10月2日(土)に人気イベント「きまつり」

10月2日~10月2日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook