女子サッカー国際大会 鈴木陽笑さんがMVP 得点王とW受賞

スポーツ

掲載号:2018年6月2日号

  • LINE
  • hatena
銀メダルを首から下げ、MVPと得点王の賞杯を持つ鈴木さん
銀メダルを首から下げ、MVPと得点王の賞杯を持つ鈴木さん

 15歳以下の少年少女が参加する国際サッカー大会「ワンネーションカップ2018湘南大会」で、久野の鈴木陽笑(ひなた)さん(白山中3年)が最優秀選手賞と得点王に輝いた。

 ワンネーションカップの日本開催は今年が初めて。茅ヶ崎市、平塚市、大磯町を会場に、男子5カ国、女子5カ国が参加し、5月21日から6日間熱戦が繰り広げられた。OSAレイア女子サッカーチーム(大磯町)に所属する鈴木さんは湘南選抜女子U15に選ばれ、全試合に出場した。小田原市からは他に、湘南ベルマーレ所属の市川美波さん(橘中2年)と石渡くるみさん(同3年)も参加している。

 チームは南アフリカに3対1、オーストラリアに2対1で勝利。ドイツに0対0、中国に1対1で引き分けたが、得失点差で決勝に進んだ。決勝の相手は再び中国。0対0のまま延長戦でも決着がつかずPK戦に。4対5で惜しくも破れたが、世界の強豪を相手に準優勝の好成績を収めた。

 鈴木さんは今大会最多の3得点を決め、チームの準優勝に貢献。身長は151cmで参加選手の中で一番小さいが、囲まれてもドリブルで突破する力強さが持ち味だ。金野可奈監督は「技術の高さとメンタリティーはずば抜けている。仲間思いで、チームをひっぱってくれる選手」と話している。

 小学校4年生からサッカーをはじめた鈴木さん。当時を知るFC久野の長崎淳代表は「負けず嫌いで、倒されてもすぐに起き上がる。日本代表を目指してこれからも頑張ってほしい」とエールを送る。鈴木さんは「みんなと喜びを分かち合えることがサッカーの魅力。高校に進学しても、サッカーを続けたい」と意気込みを語った。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

小田原市 採択額全国2位

デジ田推進交付金

小田原市 採択額全国2位 政治

防災、観光分野などで活用

5月14日号

旧内野醤油店、利活用へ

小田原市

旧内野醤油店、利活用へ 社会

公有化で地域活性を促進

5月14日号

2030年への道筋示す

小田原市

2030年への道筋示す 政治

新総合計画がスタート

5月7日号

新シーズンへ組織変革

ベルマーレフットサル

新シーズンへ組織変革 スポーツ

発足15年 さらなる進化へ

5月7日号

3年ぶり武者パレードも

5月3日

3年ぶり武者パレードも 社会

「北條五代 歴史と文化の祝典」

4月30日号

『みかんの花〜』で出発進行

JR国府津駅

『みかんの花〜』で出発進行 文化

発車メロ、5月2日変更

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook