8月31日に小田原市民会館で公演する日本舞踊家集団「弧(こ)の会」のメンバー 泉 徳保(とくほ)さん 小田原市扇町在住 49歳

掲載号:2019年7月6日号

  • LINE
  • hatena

飛ぶ翔る躍る、日本感じて

 ○…「先人から継承されてきた日本舞踊の素晴らしさを多くの人に伝えたい」。流派を超えた男性日本舞踊家12人による「弧の会」の一人として、1998年の発足当時から活動に情熱を注ぐ。実験的な演目の中でも神秘的な神々の祭りを表現した創作舞踊「御柱祭(おんばしら)」では、素踊りで舞台を縦横無尽に飛び翔け舞う新境地に挑戦した。メンバーは日々、それぞれの流派で修練を重ねている。「個性のぶつかり合いの中、会が20年続いていることが稀有。だからこそ面白い」とにやり。

 ○…全国各地で100に届くほどの舞台に参加してきたが、小田原市では初めての公演。「地元で披露できるのは本当に感慨深い」。8月末の公演に先駆けて日本舞踊の親子向けワークショップを企画し、講師も務める。「子ども時代に素直な気持ちで和の文化に触れる体験こそが伝統をつなぐ第一歩」と意気込みを語る姿は使命感に燃え、凛として力強い。

 ○…小田原市出身。泉流の師範を務める母の縁から、3歳で初舞台を踏む。16歳で名取となり、生業として生きていくことを決めた。五感を研ぎ澄ませて挑む舞台。静寂の中に立つ姿、その内に秘める思いは青い炎のように静かで熱い。「究極の苦しみであると同時に、ただ好きという気持ち。口で言い表せないから踊り続けている」

 ○…各地の生徒の稽古のためスケジュール帳は出張の予定でびっしり。忙しく過ごす毎日だが、留守を守ってくれている妻への感謝の思いは忘れない。大切な愛娘は、長唄三味線の奏者を目指し大学に進んだ。「偶然にも自分と似た道を選んだ。うれしいと思う反面、厳しさを知ってるからこそ複雑な思いはある。でも決めたからには応援してあげたい」と父の顔をのぞかせた。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

菅井 達司さん

AKB48などに楽曲を提供する作曲家で、4月に小田原で音楽教室を開校した

菅井 達司さん

湯河原町在住 43歳

5月15日号

石塚 順一さん

2021年度小田原箱根商工会議所青年部(YEG)会長に就任した

石塚 順一さん

小田原市前川在住 46歳

5月8日号

萩野 剛将さん

文化堂印刷(株)で事業開発を行う

萩野 剛将さん

小田原市酒匂在住 30歳

5月1日号

矢端 雅子さん

株式会社ジェイコム湘南・神奈川 西湘局の局長に就任した

矢端 雅子さん

小田原市板橋勤務 55歳

4月24日号

井上 康樹さん

4月1日から箱根町の教育長を務める

井上 康樹さん

開成町在住 61歳

4月17日号

高橋 貴博さん

全国優勝した少年ソフトボール選抜チーム「西湘」の監督を務める

高橋 貴博さん

小田原市酒匂在住 57歳

4月10日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

透明水彩で描く風景画

「楽の会」主宰・鈴木文隆さん

透明水彩で描く風景画

5月19日からNEW新九郎で個展

5月19日~5月24日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter