誌上ドラム・コンテスト2019で準グランプリを獲得した 浦川慎太郎さん 小田原市飯泉在住 27歳

掲載号:2019年12月7日号

  • LINE
  • hatena

果てなく加速するビート

 ○…初めて楽器に触れたのは高校卒業時。思い出作りに組んだ素人バンドでドラムを叩いた。授業中こっそり膝を叩いて練習し、迎えた本番は「ただ楽しいの一言」だった。それから約10年の月日を経て、誇れる何かを求めエントリーしたコンテストで、準グランプリを獲得。バイト中に吉報を受け「えっ、いいの?」と本音が漏れるほどの驚きだったが、「努力すれば叶う」を証明した瞬間でもあった。

 ○…「いつも怒られてばかりなのに、ここぞの時にすごい」クレヨンしんちゃんが、幼い頃自分の中でのヒーローだった。小〜高校まで「とにかく自由人。遊んでばかりでした」。ところが、熱中するものもなく根無し草のように過ごしていた少年を変える転機が訪れる。所属していたテニス部の試合で負けた帰り道。「お前って何もないよな」と相方からキツイ一言を喰らった。「実はショックでずっと胸に刺さっていて…」。以後、資格試験に勤しみ、努力して結果が得られる事を学んだ。大学進学後「何か一つ、夢中になれるものを」と模索する中で、卒業ライブで感じた快感が蘇り、本格的に音楽と向き合うようになった。

 ○…受賞の知らせは遠く離れた祖父母にも届け「表立ったものがなかったから報告できてよかった」と目尻を下げる。現在サポートメンバーとしての演奏を中心に、レッスン講師にも挑戦するなど精力的に活動。「ドラマーとして、じいちゃんたちのいる九州でも演奏出来たら楽しいですよね」と、演奏行脚も夢の一つだ。音階がなく、リズムを刻む役割がメインのドラム。だが「景色がみえるような、表情ある演奏ができるようになりたい」とブレないビジョンも描いている。打ち込めるものを見つけた今、想いは加速し続ける。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

吉川 伸治さん

小田原高校創立120周年記念事業実行委員会の委員長を務める

吉川 伸治さん

小田原市扇町在住 68歳

11月28日号

青柳 明人さん

「ミナカ小田原」にある小田原駅東口図書館の統括責任者を務める

青柳 明人さん

(株)有隣堂勤務 58歳

11月21日号

本木 和子さん

小田原市主催の女性の活躍推進セミナーで講師を務める

本木 和子さん

小田原市栄町在住 55歳

11月14日号

松田 宏道さん

11月1日付で小田原市仏教会の会長に就任した

松田 宏道さん

小田原市板橋在住 67歳

11月7日号

勝俣 浩行さん

新町長として箱根町の舵取り役を担う

勝俣 浩行さん

箱根町在住 66歳

10月31日号

清水 勲さん

内閣府からエイジレス章を受章した

清水 勲さん

小田原市城山在住 77歳

10月24日号

ラスカ茅ヶ崎・平塚・小田原

11月26日(木)から29日(日)はJREポイント5倍キャンペーンを実施!

http://www.lusca.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月28日号

お問い合わせ

外部リンク