(公社)小田原青年会議所(JC)の第63代理事長に就任した 一寸木 (ちょっき)慎也さん 小田原市南町在住 37歳

掲載号:2020年1月4日号

  • LINE
  • hatena

街づくりは親心

 ○…「歴代の理事長はパンチのある人ばかりで恐縮してしまうけれど、『健全な劣等感』を持ち引っ張っていけたら」。謙遜しながら就任の思いを語るが、JCの活動に対する意欲は旺盛だ。より良い街づくりのために頭をひねり、試行錯誤の末に生み出す事業で重視するのは先進性。立ち上げたイベントを、地域へ引き継ぐことに意義を見出す。「僕らが前例となり、道がないところに道をつくっていきたい」

 ○…昨秋に3代目として梱包業の会社を継いだばかり。意気揚々とした船出ではなく、経営的に困難な局面で受け取ったバトンだ。「毎日あちこちに頭を下げてばかりで…」。重圧に押しつぶされそうになりながら、それでも前を向ける原動力はJCの存在だ。メンバーとは毎晩寄り合い、主催イベントから時事問題まであらゆる話題に花を咲かせ、時に口論もする。そんな月日を重ねるうち、いつしか育まれた結束力。「相談できる仲間がいる。逆境を跳ね返す力をもらえるんです」

 ○…物腰の柔らかな現在の姿からは想像できないが、「夢はロックスターになることでした」。相洋高校を卒業後に家を飛び出し、都内でギターに明け暮れる日々。そんなある日、メジャーデビューするバンドから勧誘を受けた。千載一遇の機会を得てノロウイルスに苦しみながらもレコーディングに臨んだが、メンバーのトラブルで水の泡に。結婚を機にバンドをやめ、26歳で小田原へ戻った。

 ○…3児の父。「ごめん、車を置きにきただけなんだ」。帰宅を喜ぶ子どもたちに謝り、JCの会合へ向かう日々。会えるのは週2時間で寂しくもあるが、「地域を良くする活動は、ひいては子どもたちの将来のため。いつか分かってくれる日がくるかな」。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

初鹿 真樹さん

小田原バリアフリーマップづくりに取り組む作業療法士

初鹿 真樹さん

小田原市中町在住 43歳

9月26日号

松本 一彦さん

新町長として真鶴町政の舵取り役を担う

松本 一彦さん

真鶴町在住 54歳

9月19日号

古川 剛士(つよし)さん

湘南ベルマーレフットサルクラブのCEOを務める

古川 剛士(つよし)さん

小田原市荻窪在住 47歳

9月12日号

永田 潤子さん

9月5日開塾の「女性の実学塾」の特別専任塾長を務める

永田 潤子さん

小田原市城山在住 58歳

9月5日号

抱山(だきやま) 洋之さん

小田急箱根ホールディングス(株)・箱根登山鉄道(株)の代表取締役社長に就任した

抱山(だきやま) 洋之さん

都内在住 62歳

8月29日号

久保田 英男さん

国際ロータリー第2780地区ガバナーに就任した

久保田 英男さん

鎌倉市在住 59歳

8月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月26日号

お問い合わせ

外部リンク