「第64回全日本学生競技ダンス選手権大会」で3位を獲得した 植松 美穂さん 小田原市栢山在住 22歳

掲載号:2020年3月14日号

  • LINE
  • hatena

夢の舞台はダンスフロア

 ○…実践女子大学の競技ダンス部で部長を務め、今月卒業を迎える。昨年末に開催された、大学生の社交ダンス日本一を決める「第64回全日本学生競技ダンス選手権」では、タンゴの部で3位に入賞。「大学生としての引退試合だった。準決勝では『絶対に勝ちたい』との思いで踊り、決勝進出が決まった瞬間、嬉しさのあまり泣き崩れました」と振り返る。

 ○…湯河原で生まれ、小・中学時代は箱根で育ち、高校から小田原へ。幼い頃から積極的に行動するタイプで「親の薦めでもなく、4歳のときに興味を持ってクラシックバレエを始めた」。踊りを披露する楽しさに夢中になり、高校ではモダンダンス部へ。「自分で振り付けを創作して踊っていた。部長も務め、全国大会も経験しました」

 ○…社交ダンスとの出合いは大学入学後。「女子大なので、他校との交流を深めるために」との先輩の薦めで始め、2年生の夏にペアを組んだ学生とは引退までの2年半、苦楽をともにした。「ペアを組み立ての頃はよく膝をぶつけ、あざができていた」とはにかむ。感情がぶつかり合うこともあり、互いに葛藤しながらも切磋琢磨し続けた。2018年には、アマチュアC級の全国大会で初優勝。2人で最高のダンスを見せつけた。

 ○…湊かなえの小説などを読むのも好きだが「一番の趣味は、やっぱり社交ダンス。週6日、夜遅くまで練習に打ち込んだ。先生や支えてくれた友人たちには感謝しかない」と爽やかな笑顔で語る。4月からは都内の企業に就職し「仕事とダンスを両立したい」と意気込む。「プロに転向する道もあるが、まずは仕事。そしていつか、国内最高峰の大会『三笠宮杯』で優勝したい」。夢の実現に向け、新たなステップを踏み出す。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

芥川 卓さん

小田原市倫理法人会の会長に就任した

芥川 卓さん

開成町在住 57歳

10月17日号

山本 博文さん

横浜銀行の理事・小田原支店長を務める

山本 博文さん

小田原市出身 55歳

10月10日号

栁下 正祐さん

10月1日付で小田原市教育長に就任した

栁下 正祐さん

小田原市寿町在住 65歳

10月3日号

初鹿 真樹さん

小田原バリアフリーマップづくりに取り組む作業療法士

初鹿 真樹さん

小田原市中町在住 43歳

9月26日号

松本 一彦さん

新町長として真鶴町政の舵取り役を担う

松本 一彦さん

真鶴町在住 54歳

9月19日号

古川 剛士(つよし)さん

湘南ベルマーレフットサルクラブのCEOを務める

古川 剛士(つよし)さん

小田原市荻窪在住 47歳

9月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク