小田原オペラ 旗揚げ公演へ 稽古始動 プロ歌手らが『魔笛』上演

文化

掲載号:2020年10月17日号

  • LINE
  • hatena
フェースシールドなどを装着し、稽古に励む
フェースシールドなどを装着し、稽古に励む

 小田原にゆかりのあるオペラ歌手らがこのほど、「小田原オペラ」を立ち上げ、12月5日(土)小田原市民会館大ホールで、旗揚げ公演となる歌劇『魔笛』を日本語上演する。市内では10月5日から、出演者たちによる稽古が始まった。

◇◇◇

 「オペラは敷居が高いと思われがち。だからこそ、子どもから大人まで楽しんでもらえるよう、小田原から本格的なオペラを発信したい」。同グループの代表でバリトン歌手の飯田裕之さん(小田原市出身)が言葉に力を込める。

 飯田さんが、ともに小田原少年少女合唱隊で歌唱を学んだソプラノ歌手・松本真代さんと、「小田原オペラ」の立ち上げを企画したのは2カ月前の8月。コロナ禍の影響で3月ごろから各地で公演中止が相次ぐ中、小田原をはじめ西湘地域出身、在住などのオペラ歌手、演奏家らに次々と参加を打診した。

 すると、わずかな期間で、自粛前は県内外で活動していた歌手たちをはじめ、バレリーナ、飯田さんらが指導する小田原ジュニアオペラ、オーケストラを担う奏者など約40人が賛同。一丸となり「心躍る舞台を届けたい」と、魔笛の上演に向け、動き出した。

「夢の世界に浸って」

 10月9日、小田原市城内の郷土文化館の一室は、オペラ歌手たちの響き渡る美声に包まれていた。バリトン歌手の飯田さん、ソプラノ歌手の松本さんらが結成した「小田原オペラ」のメンバーたちが、12月5日の旗揚げ公演に向けて稽古に励んでいた。

 上演するのは、モーツァルトが生涯最後に完成させたオペラとされる『魔笛』。肖像画で見た美女パミーナに一目惚れした王子・タミーノが、数々の試練を乗り越え、パミーナと結ばれる恋模様などが描かれている。

 日本語での上演を企画し、出演のほか演出も手掛ける飯田さんは「観た人が夢のような世界に浸り、素敵なひと時を過ごせる公演にしたい。オペラに触れ、生の歌声の波動を感じてほしい」と熱意を語った。

 公演会場は小田原市民会館大ホール。午後0時30分に開場し、1時開演、4時終演予定。チケットは4千円、小学生以下1500円(未就学児入場可)。販売はハルネ小田原の街かど案内所、大村楽器リベルテ店、クレッシェンドホール。当日券あり。新型コロナウイルス感染防止対策として客席数制限があり、定員は500人。詳細などの問い合わせは池田さん【電話】090・9668・5885、【メール】odawaraopera2020@gmail.comへ。

小田原ゆかりの歌手らが出演
小田原ゆかりの歌手らが出演
小田原オペラの飯田代表
小田原オペラの飯田代表

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

「スーパーシティ」に名乗り

小田原市

「スーパーシティ」に名乗り 社会

国の公募、特区指定目指す

5月1日号

根府川関所址を後世に

根府川関所址を後世に 文化

地元有志が石碑を建立

5月1日号

ちょうちんの灯り再び

市観光協会

ちょうちんの灯り再び 文化

小田原城で新イベント

4月24日号

初のデジタル観光券販売へ

小田原市

初のデジタル観光券販売へ 経済

総額1億3000万円

4月24日号

初の囲碁日本一に

竹内怜櫂君(小田原市栢山)

初の囲碁日本一に 文化

ジュニア本因坊戦を制す

4月17日号

新課設置で民間連携強化

小田原市

新課設置で民間連携強化 経済

窓口一括で効率化図る

4月17日号

シロアリのことなら三和消毒へ!

4~6月はシロアリ舞う季節。今なら床下無料健康診断を実施中!

http://www.sanwa-tpc.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter