箱根観光 GoToで活気戻る 宿泊施設も回復傾向に

経済

掲載号:2020年11月14日号

  • LINE
  • hatena
平日でも渋滞が多い湯本駅周辺
平日でも渋滞が多い湯本駅周辺

 政府の観光支援事業「GoToトラベル」により、箱根はにぎわいを取り戻している。開始当初は、高価格帯の宿泊施設の利用に集中する偏りが見られたが、10月頃から低価格の施設やプランにも動きがでてきた。箱根町観光協会(箱根DMO)の佐藤守専務理事は「全体的に稼働率が上がってきた。例年の8〜9割まで回復している」と話す。

 藤田観光(株)箱根小涌園天悠の服部暁子さんは「GoToが始まった頃から5万円前後の特別客室から埋まり、スタンダードな部屋にも流れてきている。先々の予約も頂いている」と話す。また、(株)フォレストは強羅にある「箱根 森のせせらぎ」ほか、1万円代の価格帯で各地に宿泊施設を展開する。「8、9月の動きは鈍かったが、GoToに都民が加わった10月頃から宿泊客数は伸び、昨年比を超えてきている。当初、価格が高い施設を選ぶ傾向にあったが、最近は低価格プランの利用も増えている」と同社の丸茂綾乃さん。

全体的に好調な11月

 湯本に向かう国道1号線は、平日でも都内ナンバーの車が目立つ。再び新型コロナの感染拡大が報じられ、遠方より近郊で楽しむ人が箱根に来ているという声も。「首都圏から近いということも魅力のひとつ」と佐藤専務は分析する。

 今後の課題はGoToトラベルが終了した後。丸茂さんは「新型コロナの影響でターゲットにしていたシニア層が減り、若い層に変わった。年齢別、一人旅、家族などニーズに対応できるような宿泊施設の必要性を感じた」と話す。先を見据えた対策が急務となっている。
 

12/12 イヨダ人形大供養祭

予約不要。当日にイヨダ友の会入会で供養料0円。

https://www.iyoda-funeral.com/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

賑わい創出の拠点へ

賑わい創出の拠点へ 経済

ミナカ小田原がオープン

12月5日号

駅に花咲く 大作アート

地元企業×高校生

駅に花咲く 大作アート 文化

「デザイナーの卵」応援の壁

12月5日号

小田原勢が県の頂点に

小学生ソフトボール

小田原勢が県の頂点に スポーツ

県西の少年少女が奮闘

11月28日号

女性活躍企業を認定へ

小田原市

女性活躍企業を認定へ 社会

制度創設に諮問機関が答申

11月28日号

修学旅行代替行事始まる

小田原市小学校

修学旅行代替行事始まる 教育

第3波による再検討も

11月21日号

「フェアプレー」で初勝利

サッカーチームボアソルチ

「フェアプレー」で初勝利 スポーツ

特別支援級の生徒が所属

11月21日号

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク