(PR)

漢方のお話【4】 ウィズコロナと免疫力 東洋クリニックおだわら 沢野院長

掲載号:2021年1月23日号

  • LINE
  • hatena
院長の沢野進医師
院長の沢野進医師

 Q.新型コロナウィルス感染拡大が不安です。身を守るために、どうすれば良いですか

 A.ウィズコロナと言われる通り、常にウイルスと隣り合わせです。日常の生活を送るためにも、感染症にかかりにくい体をつくることが大事です。漢方は古くから、免疫力を高めるために用いられてきました。特に、補中益気湯(ホチュウエッキトウ)・柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)・十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)などは免疫力を改善し、ウイルス感染や細菌感染による肺炎気管支炎などの予防治療にも使われてきました

 Q.免疫力を上げることで、他の病気の予防にもつながりそうですね

 A.その通りですね。花粉症やニキビ、アトピー性皮膚炎などにも、漢方を上手に取り入れると良いでしょう。それから、漢方は食べ物からも摂取することができるんですよ。例えば、皆さんご存じの杏仁豆腐に乗っている赤い実の枸杞子(コクシ)は、老化防止やコレステロール値の低下など幅広い効能も期待されている注目の漢方なんです

東洋クリニックおだわら

小田原市栄町1-5-17 ヘルスケアタワー6F

TEL:0465-20-4122

https://www.toyo-sawano.com/

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のピックアップ(PR)最新6

拭くだけでウイルス対策

拭くだけでウイルス対策

オフィスや家庭でも好評の新塗料

2月27日号

のんびり、くつろぎの空間『縁』

「住まいのこと、ご相談ください」 3月3日OPEN

のんびり、くつろぎの空間『縁』

こだわりコーヒーのカフェ&ワークショップも

2月27日号

定期預金「あったか」上乗せ

定期預金「あったか」上乗せ

スルガ銀行でプラス0・16%の特別金利

2月27日号

窓が微細物質を分解除去

コロナ対策で注目の技術

窓が微細物質を分解除去

飲食店や施設で導入進む「エアープロット」

2月27日号

24時間フィットネスジム付コワーキングスペース

リニューアルオープン!

24時間フィットネスジム付コワーキングスペース

2月13日号

360度

先生おしえて㉘

360度

杏林堂クリニック 金城(かねしろ) 院長

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク