神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

EV特化型のカーシェアリング事業を手掛ける(株)REXEV代表取締役社長 渡部(わたなべ) 健さん 都内在住 43歳

公開:2021年2月20日

  • X
  • LINE
  • hatena

再エネ活用で未来をつくる

 ○…西湘地域でEV(電気自動車)に特化したカーシェアリング「eemo」を展開する。昨年6月にサービスを開始し、27カ所のステーションに47台を配置するまでに拡大した。法人利用や個人リピータも増えており、手ごたえを感じている。来年には100台の稼働を目指すが、ビジョンの本質はその先にある。「地域の再生可能エネルギーを活用することで、持続可能な脱炭素社会の実現へと繋げていきたい」

 ○…埼玉県坂戸市出身。早稲田大学在学中から大学院にかけて電力システム工学を学び、「タイムリーだった」電力自由化を研究した。前職の(株)エナリスでは、地域エネルギー会社・湘南電力(株)の立ち上げに関わり、19年には(株)REXEV(レクシヴ)を設立。小田原市と湘南電力と連携し、地域でつくった電気で走るEVカーシェアリングを開始した。「小田原市は再生可能エネルギーの取り組みが進んでいます。太陽光をメインに、地元で発電した電力を地元で消費するビジネスモデルに可能性を感じました」と振り返る。

 ○…小田原市が進める地域マイクログリッド構築事業に協働。EVのバッテリーを使って余剰電力を蓄電することで、「災害時の電力源としても地域に貢献したい」と話す。将来的には蓄電した電力をあらゆるeモビリティに供給するため、電力利用の調整とネットワークシステムの実証試験を行っている。

 ○…妻と2人の子どもたちとの旅行が楽しみ。箱根の温泉にも訪れたことがあり「コロナが収束したら行きたいな」と目尻を下げる。自宅がある都内を行き来する多忙な日々だが、自然が広がる小田原が気に入り、二拠点生活も計画中だ。未来を見据え挑戦する姿は活力に溢れている。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

谷口 弘美さん

10周年を迎えた「zenkenkai」小田原支部の支部長を務める

谷口 弘美さん

小田原市曽比在住 65歳

2月24日

髙杉 涼平さん

ラストレターサービス「MEMORI」を開発する

髙杉 涼平さん

小田原市出身 28歳

2月17日

佐藤 玲惟(れい)さん

湘南ベルマーレフットサルクラブの選手で今シーズンでの引退を発表した

佐藤 玲惟(れい)さん

小田原市在住 27歳

2月10日

鶴井 望美さん

女性コミュニティー「小田原ウイメンプラス」の代表に就任した

鶴井 望美さん

小田原市城山在住 60歳

2月3日

猪瀬 慎一さん

公益社団法人 神奈川県LPガス協会小田原支部の支部長を務める

猪瀬 慎一さん

小田原市中町在住 58歳

1月27日

中村 弘行さん

戦時下の湯河原を舞台とする『みかん山の魔女』を出版した

中村 弘行さん

真鶴町在住 72歳

1月20日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月24日0:00更新

  • 2月17日0:00更新

  • 2月10日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook